愛欲の海



                                      もりつぐ さん 


(16)



 アメリカンの好意

 

シカゴは、ミシガン湖の南東にある巨大都市です。つまり五大湖で二番目

に水量の大きいところです。また、ニューヨークに次ぐ交通の要衝(しょ

う)です。オヘア空港は規模広大で、フリーウエイ(高速道路)に出るに

は、現地人の案内が必要不可欠なところです。

 

無謀にも、案内人抜きで現地を目指しました。フリーウエイに出るのはひ

と苦労でした。規模の広大、これが米国に対する第一印象です。道路も二

車線、三車線が普通で、日本とは較(くら)べものにならない。頑丈なイ

ンフラの上を、車が疾走しています。

 

画家の親爺さんは、車が動き出すとすぐに寝てしまいます。それはいいの

ですが、地図を見ながら走るのは大変です。空港で渡された地図はすべて

英語表記。赤のフエルトペンで、大事な箇所にマークが付いていますが、

分かりづらい。異国人には、運転は難儀でした。

 

どの車も100キロ以上のスピードで走り回っています。危険だし、道を間違

えると簡単には引き返せない。何度も道路を降り、地図を確認してミシガ

ン湖を目指しました。左ハンドルの車は苦手です。眠くなると危険です。

だから、休み休み自動車を運転しました。

 

現地の人々は親切でした。白人も黒人もアジア系も混合する人種の坩堝(

るつぼ)。誰もがアメリカンです。見知らぬ日本人でも地図を見ながら順

路を教えてくれました。人工国家の強さはこの辺にあるのでしょう。目を

覚ました爺さんも、やりとりを聞いています。

 

何度も道路を上ったり下りたり、最後にはパトカーに先導してもらって、

郊外の目的地に到着しました。かなり遅れています。現地の空は、真っ赤

な夕焼け。印象的でした。禅さんの連絡より、相当に遅れました。それで

も現地の人々は、ずっと待っていてくれました。

 

遠路はるばるやって来た日本人のカップル。それを迎える現地の日本人。

差別のきつい現地です。その中を懸命に生きて来た日本人達です。ここに

は、日本とは違った厳しさがあります。また、その厳しさを超えた人間の

温か味がるある。心に滲(し)みました。

 

屋敷の前まで先導してくれたパトカーの運転手は黒人です。いかつい顔で、

「グッドラック」といいました。「どうか幸運に恵まれますように」とい

う祈願文ですが、そのニュアンスが、われわれの心に響いたのも確かです。

苦労を乗り越えた人に対する共感なのだと思います。

 

 ふんどしは自ら洗うもの

 

画家の爺さんは英語はダメな人です。その小柄な爺さんが、シカゴの老人

をベアハッグしました。熊のように相手をぐっと自分の腕(かいな)に引

き寄せたのです。相手を労(いた)わる気持ちを、素直に表現したのだと

思いました。印象的な抱擁(ハグ)でした。

 

抱きしめられたシカゴの爺さんは、嬉しそうに目をパチクリさせています。

米国では、気持ちを大げさに表現することが大切です。日本国内とは違っ

て、控えめな表現は、美徳ではないのです。ともかく手振り身振りで、は

っきり言わなければ通じない国なのです。

 

シカゴの爺さんの嬉しそうな様子。その姿を見て日本人の爺さまの気持ち

がどれだけ和(なご)んだことか。大切なのは、気持ちを表現して、それ

を正確に伝えることに尽きます。画家の爺さまは、言葉の壁を乗り越えて

現地の人々に受け入れられた。その瞬間でした。

 

英語の話せない画家の爺さま。温かい人の輪の中にいます。連れてきてよ

かったと思いました。爺さんも着物が好き。下着は手縫いの「ふんどし」

です。普段は六尺ではなくて、越中を締めています。小便が零(こぼ)れ

ても、すぐに取り換えられるから便利です。

 

もちろんフケたちには分かっています。爺さんは何も隠さない人。着替え

の時も前を隠すことはしません。風呂に行く時も皆の人前でも平気で裸に

なれる人です。誰もが見ても恥ずかしくない振舞いを心掛けよ。それが先

人の教え、武士の矜持(きようじ)なのです。

 

祖父の家は何代も続いた武家屋敷。昔の封建時代の名残です。家屋敷には、

昔から老若男女、多くの使用人が暮らしています。食事も、洗濯も、掃除

も、人の手を煩わせなくては成り立たないくらしです。人の目の届かない

場所はどこにもない暮らしなのです。

 

汚れた「ふんどし」を洗濯籠(かご)に入れれば、若い下働きがそれを洗

うことになる。それはだめだ。汚れを落としてから入れよ。それが祖父の

教えでした。母親はもっと厳しくて、下着は自分で洗えと躾(しつ)けま

した。わずか
3歳の幼少時からです。

 

生活の隅々にまで生きているのは、「誰が見て恥ずかしくないことをせよ

。」です。武家のくらしの原則は、恥を知ること。恥の文化と言い換えて

もいいでしょう。もちろん行き過ぎれば、弊害も生まれます。でもこの厳

しい規範には、いいところもあった筈なのです。

 

狭い国土では、暮らしは多くの人の手が支えています。家族が作る食事を

いただいて、暮らしが始まります。今、手掛けている掛塾(かけじく)は、

経師屋の主人とその弟子が作る台紙に描かれます。硯を擦るのは助手。最

後に手を入れるのが、画家本人です。

 

細かい動作の一つ一つにまで神経が行き届かなければ、いい作品は生まれ

ない。どの仕事も細かい共同作業なのです。それを知るのは画家だけでは

ありません。参加する全員の心得なのです。恥を知る文化はとても意味深

長です。細部に心を込める文化なのです。



                                                     続 く 








トップ アイコン目次へもどる    「投稿小説一覧」へもどる
inserted by FC2 system