愛欲の海



                                      もりつぐ さん 


(19)



 社会による教育目標の違い

アメリカの高校生の生活に慣れるのは大変なことです。教育とは、社会に

適応する人間を作りあげる仕事といってもいいでしょう。日本とアメリカ

では大きな違いがあります。個性重視のアメリカと、社会重視の日本との

違いです。物事を他人が分かるようにはっきりと話す。その前提となるの

は、はっきりとした考え方です。個性を重視するアメリカと、人との協調

を重視する日本社会との違いは、シンプルに物事を考えるか否かにあると、

思います。

 

米国に来た当初、誠司には戸惑いがありました。日本で生まれ、日本社会

で教育された誠司です。でも連れていかれたに西海岸では、言葉の壁があ

ります。まず言葉になれ、現地の若者の文化に慣れねばと考えました。異

文化適応、これは難しい課題です。でも誠司は何とか途を探さねばなりま

せん。ここで生きていくためには、越えねばならない壁なのです。でも、

もともと頭のいい彼のことです、機転の効く誠司です。

 

もともと厳しい環境で生き抜く力を持つ子供でしたた。働き始めたのは、

わずか五年生のときです。大人がまだ寝ている時間に起き出して、新聞専

売所に、深夜3時までに出かけます。夜の明かりが燈っている下町です。店

のあるじは、奄美大島出身の初老のおじさん。いい人でした。子供が大人

に交じって新聞を配る仕事は大変ですが、それをよく理解していましたし

た。だから最初の二週間、一緒に回ってくれました。

 

もちろん、おじさんにも事情は分かっていたのす。まだ幼い少年が働きた

いと言ってきた。何か問題があるに違いない。隣町の町内会です。直ぐに

分かります。父親が死んで、収入の道を失った貧しい家庭。自分も島から

出てきて、散々苦労した人間です。そのおじさんは、身体の小さい子供に

は、早朝はちょっとキツイかなと思いした。でも、家族が食べていくには、

子供でも働くしかない。金がなければ、みな飢えて死ぬ。貧困の突きつけ

る過酷さです。

 

二週間ほど配らせてみました。結果はやはりダメでした。尻ぬぐいは大変

です。雇うのがどうしても難しいと分かったとき、おじさんは少額の金と

子供用の辞書を子供に与えて、いいました。「もう少し大きくなったら、

またおいで。そのときには配ってもらおう。」それから45年経ちました。

後いい馬の事でした。そのときに誠司は上原に出会ったのです。

 

向原伸之助は、腕一本で生きてきた男です。そんな男に出会ったのは、天

の配材でした。もちろん、後からそう思ったのですが。人に頼らず出来る

ことは自分でやる。子供なりに考えて工夫もする。誰もほめてくれなくて

も、そうするのがいいと思えば、そうする。それが誠司が身に付けた指針

でした。もちろん、学校で習った教えではありません。貧しい境遇で、自

然に学んだことです。

 

25歳も年の離れた上司は、少年には、まるで父親のような感じでした。

でも、そんなことは気にならない。切羽詰まった状況でした。誰も助けて

はくれない。辛いけど、言葉で口に出すこともできない。世間的な常識の

ない母親と祖母との悲しい生活です。それ以来、ずっと二人とも嫌いでし

た。一種のトラウマです。中学生まではよかったのですが、高校になると、

もう何が何でも働かねばなりませんでした。日本は、まだ貧しい段階です

 

向原は面倒見のいい上司でした。後進の育成は、誠司が初めでした。まも

なく40というのに、伸之助には家族がいませんでした。彼が仕えたのは、

会社の元社長一人でした。20歳年上の社長は、その時すでに60歳でした。

彼の下(もと)で仕事を覚え、一人前に育ちました。還暦まじかの経営者

は、不憫に思ったのでしょう。年の離れた部下の面倒を見るように仕向け

ました。苦労して人を育ててみよ。そうすれば、人間的に成長できるかも

知れない。それが向原に対する老爺、元社長の愛情の発露でした。



 年の離れた子供の教育

人の面倒を見るのは、当然のことです。年の離れた子供の面倒は大変なこ

とです。いろいろ事情が重なって、家族に恵まれなかった向原です。まず

考えたことは、初心になることです。子供の気持で考えてみよう。教育は

うまくならないことの連続です。試行錯誤がなければ、教育とはいえない。

苦労人の向原は分かっていました。部下の育成経験が、まったくなかった

訳ではない。でも本気で人づくりに励んだことはなかったです。

 

カンの鋭い子供は、人の気持ちにも敏感に反応します。全部言わなくても、

分かってしまうところがある。頭のいい子供だなと向原は思いました。大

学で教職過程を取ったわけではありません。働きながら大学に通い、仕事

の知識は、少しずつ身に付けました。学生運緒が激しい時代でした。休講

も多かった時代です。夜学の仲間には、公務員もいました。クリスチャン

だった友人の一人は、初級公務員の試験に受かり、法務省で働いていまし

た。

 

その友人の話を思い出します。公務員には、決まった仕事が与えられます。

もちろん、友人にもノルマはあります。そのノルマさえきちんとこなせば、

誰も何も言いません。それが済めば後は何をやってもよい。例えば、誰か

が職場で「聖書」を読んでいても、上司は文句を何もいいません。それが

公務員の仕事場の暗黙の取り決めです。そんな職場で、友人は中級試験に

合格して、今は別の部署で管理職として働いています。

 

16歳の子供に教育訓練をほどこすこと。向原の課題でした。ここは、実践

重視のアメリカです。考えるより行動すること。それが、プラグマティズ

ムの原点です。何が必要になるかはその場で考えればよい。最善の方法を

合理的に探し出すのだ。日本のように周りがどう思うかは、まったく気に

しなくていい。ビジネスは合理性の勝負です。その原則にたがわなければ、

どんなことでも許されるのです。

 

中小企業は人材がすべてです。誠司の会社は、小規模な企業です。中小企

業は、アメリカでは、small businessといいます。企業教育は、トップダ

ウンで、教育も組織的ではなく、創業者が自ら行うのが普通です。向原は

知恵を巡らします。可能性のある子供を、自ら育てて見たい。取り敢えず、

アメリカの現地で教育すればいいと。その費用は働いて稼ぎ出すことにし

よう。

 

だから6か月の試用期間が済むと、向原は、誠司を連れて北米に出かけまし

た。この会社は西海岸と東海岸に事務所を持っています。まず、気候のい

い西海岸で勉強させてみよう。孫のような誠司をLA(ロスアンジェルス)

のオフィスに連れて行き、信頼できるアメリカ人に託しました。その人は

子供が沢山いるカトリック信者でした。スペイン語もできる優秀な社員で

した。彼なら、英語の上手でない誠司の世話が任せられる。彼はそう考え

たのです。

 

ビジネスは「無から有」といいます。何もないところから、社会に役立つ

何かを作り出すこです。それがビジネスだと考えているのです。創造力が

最も尊重される世界です。向原は裸一つで現在の地位を築いてきた男です。

北米で成功を収めるのは至難の業です。しかも、これから中西部に新たな

ビジネスの拠点を作らねばなりません。その相方が誠司です。大変であれ

ばあるほど燃え上がる向原です。最初は語学、そして英語を学ばせ、次に

現地の大学に通わせればいい。向原伸之助は、大まかにそう考えていまし

た。



                                                     続 く 








トップ アイコン目次へもどる    「投稿小説一覧」へもどる
inserted by FC2 system