アッチさんのエッセイ・詩 195                   .




大好きな相方



その27 アーガイルのセーター



 亡くなった相方の愛用していた衣類はすべてSサイズですが、Mサイズの

僕でも当然着られるモノが多く捨てたりとても出来ません。

一着一着が思い出に繋がっています。

ちょうど今のこの時期、秋から冬にかけて温泉旅行で相方が愛用していた

セーターがあります。

アーガイル模様のセーター

このセーターを見ると、とっても「切なくなります。」

 

 相方のご兄弟は3歳違いの下の弟さん以外に上が皆女性で、直ぐ上のお

姉さんと相方は歳をとっても交流していました。

子供の時からそのお姉さんは相方に愛情を持って接してくれて良くしても

らったと、常にそういう話を聞いていました。

そのお姉さんからいただいた季節ごとの衣類って、結構相方は色々持って

ました。

このアーガイル模様のセーターはその代表みたいなモノで、相方は愛着が

あったらしく良く旅行に愛用してました。

 

だからとっても捨てるなんてこと出来ませんよね。

つい先日、早い紅葉旅行に行った時に僕は着用させてもらいました。

 

 亡くなった相方と一緒に「旅行」しているみたいな気分で本当に着て行

って良かったなと思いました。

 

 

 

    「大好きな相方」は              つづく











トップ アイコン目次へもどる      「アッチさんのエッセイ一覧」へもどる
inserted by FC2 system