風神さんのエッセイ №19               .




終いの住処



流れ流れて東京の~懐かしい扇ひろ子の歌ですが、

私も似たようなもの…田舎を捨ててから行く宛も帰る故郷も今はなく、私

は果たして何処でどんな終焉を迎えるだろうか…考えて見ても一寸先は闇…

ま、どんなに考えても答えは出ないのだから、出ない答えを出そうと悩ん

でも仕方ないか…と運任せ天任せで生きておりますが、先日私の住む借家

の大家でもある友人が、あと数年で生まれ故郷でもある五島列島に帰る事

を考えているとの事で、それじゃ私も一緒に移住しようかな…と言ったら

すっかりその気に成って、五島には古民家がものすごく安い家賃で借りら

れるし、椎茸栽培に適した土地もあるので、それを生業として田舎暮らし

をしようか…と話が具体化して来たのです…

 

友人は浮気がバレて以来、奥さんとの仲が修復出来ず子供たちも奥さん側

に付いて家庭内別居の状態が続いており、密かに独りで年老いた両親の元

に帰ろうと思っていたようです、

 

私も田舎暮らしを夢見て、福島に移住した身です、それは目の負傷でダメ

に成ったけれど、老いたら静かな田舎で小さな家を借りて暮らしたいと思

っていました、

 

昔、千葉の九十九里に小さな借家を借りて暮らした事がありました、夜に

成ると波の音しか聞こえない家に独りっきりで死にたく成るほど淋しかっ

た事を思い出します…

外に出ると今にも落ちて来そうな星空が更なる孤独を誘いました、

週の初めから横浜の友人の所に泊まりパチンコをして週末は九十九里の借

家に帰ると言うふざけだ暮らしをしてました…

 

そのパチンコ屋に掃除係の爺ちゃんが居て、何時からか仲良く成り、毎朝

冷酒を一本上げて仕事が終わったら飲んで?と渡してました、○○さんは

週末来ないけど仕事?と聞くので千葉の借家に帰るんだよ?と言う、行っ

て見たいな~と言うと、休みが取れるなら一緒に行く?と言うので、行く

行くと付いて来たのです…

 

可愛い爺ちゃんだったのであわよくばと思いましたが完全なノンケでチン

ボを見せて貰うのがやっとでした

田んぼの真ん中にフィリピンのホステスの店があってスナックとして営業

してましたが金を払えば連れ出して本番も金次第…

その店に爺ちゃんを連れて飲みに行きましたが、そこで皿洗いをしている

オバチャンに爺ちゃんは一目惚れ
()

 

私はそのパチンコ屋に行かなく成り爺ちゃんとは千葉から連れ帰ってそれ

きりでしたが、風の噂で千葉に行ったらしいと聞きました、どうやら女の

問題で家を出てパチンコ屋に勤めていた様でした、

風呂で見せて貰ったチンボは雁が大きくてシミはあるものの、とても爺ち

ゃんとは思えない代物でした、

それも思い出ですがネオンの一つもない真っ暗で波の音だけが一晩中聞こ

える一軒家は誰かを連れ込まなければ滅入ってしまうほど淋しかったので

す、

 

五島列島に移住したら週末だけ帰る九十九里とは違って友人も居るし地元

の人たちとも仲良くして根を張るつもりで暮らしたいと思います、

独り暮らしの爺ちゃんと仲良く成ってお酒を持って行ったり来たり出来れ

ばいいなと思いますが…

 

東北の田舎育ちの私が遠く南の五島列島で終焉を迎えるなんて考えて見な

かった事ですが、多分これが最後…そこからカバン一つで飛び出して見知

らぬ環境に飛び込む若さはもう無いと思います…

若い時は電車で降りた見知らぬ街でも生きられる度胸がありましたけどね…

フーテンの寅さんを地で行く暮らしでしたね
()

 

寅さんは帰る団子屋があり千円貸して?と言える妹のサクラが居たけれど

私には帰る団子屋も妹も居ない…

友人は離婚はしないけれど五島列島に帰ってしまえばほとんど行き来はし

ないだろうし、実質別れたのも同じでしょうね…?

彼が住んでた家は彼の父親が横浜で事業をしていた頃の住まいで、事業も

家も彼に託して夫婦で生まれ故郷に帰ったもので、それを全て妻子に残し

て両親の元に帰ろうとしているのです…

 

彼は本当に不思議な人物で何があっても怒る事を知らないのです…私は危

うい世界も生きて来て、負けず嫌いでバカにされるとキレるのですが彼は

暖簾に腕押し柳に風…右の頬を打たれたら左を出す人で怒る事を知りませ

ん…

 

身を立てようと行った福島で負傷して右も左も嘘つきとだまし合いで誰も

信用出来ない時に、帰っておいでと救ってくれた彼を裏切る事は出来ませ

ん、

他にする事も目的もない私は彼が田舎で何かを始めるなら力に成りたいと

思います、それが恩返しに成り自分の未来に繋がるなら尚更ですよね

 

私の住んでる借家を売りに出してこの地を離れる事に成りそうです、

幸い私の知り合いに不動産をしている人間も居るので今からでも相談して

おかなければね?
            風神でした










トップ アイコン目次へもどる      「エッセイ一覧」へもどる
inserted by FC2 system