火の宮さんのエッセイ №5             .




銀色の茂み



越褌様、老いときをご覧の皆様、暑い日が続いておりますが、体調の程は

如何でしょうか?

 

まだまだ暑さは続くようです。

ご自愛くださいませ。

 

 タイトルの銀色の茂み… 言うまでもなく、素敵な伯父様方の股間のことで

す。

  

ここ数年、色々とあり温泉やスパ泉からは足が遠のいていました。

最近少し落ち着いて来ましたので、目の保養がてら、あちらこちらの温泉、

スパ泉に出かけています。

 

 出会いがあれば! なんて淡い期待を寄せて行きますが、なかなかそんなこ

とはありません。

 

 過去二回、偶然にお仲間さんと分かり、濃厚な時間を過ごした経験から期

待してしまうんでしょうが…。

 

  さぁ!温泉へ行くぞ!と思いながら、行く先を決めるのですが、決め手は

距離や泉質、綺麗、汚い等では無く、ズバリ『伯父様がたくさん居るとこ

ろ』です
()

  

 ちょっと大きな名の知れたスパ泉等は騒がしい若者で溢れている場合があ

るので、なるべく避けるか早い時間に行きます。

  

  地元の人しか来ないような、少し寂れた温泉なら、かなりの確率で銀色の

茂みが見られます。

 

  平日昼間の温泉に来る伯父様方は身体も気持ちも解放され、無防備に大股

を広げ、大胆に晒し、こちらの願望
(欲望)を揺さぶります。

 

 麗しい銀色混じりの茂みに垂れる、使い込んだ色の肉棒。

大きさも違えば、玉の色やツヤも違う。

殆どの伯父様は剥けていますが、たまに被っている方もいます。

 

 銀色の茂みもそれぞれで、完璧な銀色、銀と黒のコントラストが絶妙なバ

ランスの方、黒の茂みに銀色のメッシュの伯父様もいる。

  

  出来ることなら、眼前で拝みたいくらい()

 

  あぁ… 年齢を重ねるとこんな素敵な股間を持てるのか…とため息が出る。

  

 素晴らしい時間を楽しめるけれど、たまに不満が残るときもあります。

  

 男性入浴客のマナーとして、片手で股間を隠して入る伯父様が多いときで

す。

  

  遠慮なんかしないでほしい。

働いてきて、日本を支えてきた伯父様方には隠すことなく堂々と見せてほ

しいものです。

 

   銀色の茂みは貴方達の素敵な勲章なのだから。 

 

     終  











トップ アイコン目次へもどる      「エッセイ一覧」へもどる
inserted by FC2 system