北極星さんのエッセイ №16               .




日本伝統の下着越中フンドシの真髓を究める



                                       2015-12-31

こんにちわ。

当世代のお父さん達やおじいさん達が気兼ねなく締めていた褌は古来の伝

統文化だといわれているが
,戰後洋裝化の波に押し流され洋式下着が主流

となり
,それにより影をひそめ,曰本伝統文化であるといわれている褌は滅

種を防ぐのにあえいでいます。主流に逆らって古来の伝統文化を守るには

新鮮な視野を必要とします。故事ことわざ辞典に「己を知り敵を知れば百

戰殆うからず」といわれ
,先づ己を知る必要があります。

 

越中フンドシには卓越した機能性と裝着感が潛んでいるが,ほとんどむと

んじやくに着用しているとおもわれます。本稿は
,その優れた機能性と裝

着感を改めて科学的に評価しました。優れた機能性と裝着感を知りつつ装

着するともっと効果が上ります。

 

Wikipediaで経穴「ツボ」を検索したら, 経穴とは中医学, 漢方医学, 経絡学

などの東洋医学の概念であり
, 体内の異常に応じて体表特定の部位に対し

て現れるもので
, 指圧, , 或は灸で刺激を与えることにより体調の調整,

諸症状の緩和を図るものといわれ
, 一般には「ツボ」とも呼ばれる。WHO

にも「ツボ」の治療効果が認められ
, 2006年に「ツボ」の場所が統一され

た。「ツボ」療法の原理は
, 内臟の疾患が,皮膚の表面への反応として敏感

に出てきた所の「ツボ」を刺激すれば内蔵への働きかけが可能となり
,

れが「ツボ」治療法の原理といわれている。

 

へその下拳1つの範囲内に一群の「ツボ」が存在し, その「ツボ」を刺激

すれば男性の精力機能と女性の生理機能を増進させる効能があるといれて

いる。日本伝統の下着越中フンドシの結び目をその任意の「ツボ」の上で

結ぶように締めると越中フンドシの紐と結び目は
,腹式呼吸及び日常の挙

動と相まって「ツボ」を刺激する潜んだ工具となります。

 

へその下の周りに存在する精力增強に効果的な「ツボ」を検索したら,

性の精力機能と女性の生理機能増進に役立つといわれている
4つの「ツボ」

が存在しているのを発見しました。それは気海
,関元及び大赫 (関元の左右

1つある)と稱する「ツボ」です。WHOにおいても「ツボ」の治療効果が

認められ
, 経穴の場所が統一されているので, この4つの「ツボ」の治療効

果も認められていると解釈します。

 

ちなみに,気海はへそから人指と次の中指を揃えた二本分眞下の「ツボ」

です。気海は東洋医学の気が集まるといわれています。主治は月経不順
,

月経痛
,おりもの, 勃起不全, むくみの緩和に効果があるといわれています。

 

関元はへそから指4本分眞下の「ツボ」です。主治は月経不順, 月経痛,

妊症
, おりもの, 精力減退の緩和に効果があるといわれています。

 

大赫はへその下にある関元から5ミリ程度外側ある「ツボ」で,左右1つづ

つある。この「ツボ」を押すと精力増強効果があると言われています。

 

しかし氣海, 関元や大赫を刺激する効能は如何なる下着或は誰にも備わっ

ているとは限りません。例えば洋式のトランクスやブリ―フのストレッチ

ゴムは氣海
, 関元や大赫の「ツボ」を刺激する効能があるか疑問です。褌

にしても紐の結び目を氣海や関元の上に結べる褌は越中フンドシのみです。

越中フンドシは紐の結び目が氣海
,関元や大赫の「ツボ」の上で結べるよ

うに結び目の大きさを設計し
, そうなるように結ぶべきである。紐を裁断

する場合
, 紐を結ぶ際にきつく結んだり, 或はゆるく結ぶ事により, 「ツボ」

に対し圧力の調整が利くように紐の幅と厚さを設計しなければならない。

細引きの如き細い紐では圧力の調整が利かない。フンドシの長さはフンド

シの紐の結びめが気海にはめ込むように締めた後
, 前垂れに好みの長を与

えるよに縫製しなければない。又越中フンドシの縫製に欠点がなくても肥

滿型体格の越中フンドシの愛用者は越中フンドシの紐の結び目を気海
,

,,或は大赫の上にて結びそれを長時間保つのが難しい。

 

越中フンドシはあくまで下着でその上に和服なら浴衣或は着流しなどを着

たり
, 洋裝ではズボンを履くので, 「ツボ」の効果は, 「ツボ」, 腰紐と帶

或はべルトの相対位置に大いに影響されます。下着の越中フンドシの紐の

上に腰紐
, 帶或はベルトを巻つける事により, 結び目が「ツボ」からはず

れ難くなる。和服の腰紐と帯は習慣上へその下拳
1つの位置で締るので,

越中フンドシと和服の併用によりもっと効果が上る。男性の浴衣或は長襦

袢は腰紐と帶はおのおの
2回巻くので越中フンドシの紐の位置を容易に固

定する事が出来る。洋服ズボンのべルトは
1回巻きなので越中フンドシの

紐の位置を固定する効果は和服より劣る。

 

越中フンドシにより男性の精力機能と女性の生理機能増進を期待するには,

越中フンドシの結び目を特定の「ツボ」の上で結んだ後, 腰紐と帶或はべ

ルトで
,越中フンドシの結び目が「ゆるフン」により「ツボ」からはずれ

ないように巻き締める必要があります。

 

越中フンドシと和服は日本の貴重な文化財に値します。へその下の周りに

存在する「ツボ」を越中フンドシの結び目により刺激を与える事により快

感に達するばかりでなく
, 男性の精力機能と女性の生理機能増進に役立つ

のは新たな機能と装着性であリ
,洋式男性の下着の追從を許さない優れた

下着です。越中フンドシの優れた機能性と裝着感を知りつつ装着するとも

っと効果が上ります。本稿が越中フンドシの新たな機能と装着性を誇りと

して認識される着用者に貢献できたら至上の光栄です。

おわり









トップ アイコン目次へもどる      「エッセイ一覧」へもどる
inserted by FC2 system