抱念さんのエッセイ №146                 .




罌粟の粒



梅雨入りしたのに、梅雨らしくないいいお天気が続いています。おかげさま

で、いただいた種からは芽が出て、風船葛も縷紅草も少しずつ大きくなって

います。しかし、お湿りが無いから朝の水遣りは欠かせませんね。

ネットを伝って日除けになってくれるのは少し先になるでしょうか。

 

その水遣りをしているときに、ローズマリーの小枝に、綿あめのような極細

い糸が絡まっているのを見つけました。豚肉や鶏肉を焼くときにローズマリ

ーを加えると、香りが起って、本当に美味しくなりますね。だから、いつも

行く直売所にあった一株を買っておいたのです。

 

白い綿菓子を摘まんで取ろうとすると、罌粟粒みたいなものがだらりとこぼ

れて落ちました。それを、糸を手繰って掌へのせると、ぼくにはやることが

あるんだよ、とでも謂わんばかりに、一所懸命逃れようとするじゃないです

か。

 

生まれて間もない蜘蛛の子は庭へ放してやりました。

 

2017.6.17

おしまい










トップ アイコン目次へもどる      「抱念さんのエッセイ一覧」へもどる
inserted by FC2 system