越刎さんのエッセイ



認知症の予防




 今日のNHKの「ゆうどきネットワーク」で認知症は60歳以上の人で

10
人に1人いると云っていました。

 その予防は体を動かしながら計算をすることだそうです。

1.心拍数123以上の運動を30分以上する。

2.運動しながら頭を使う。例えば引き算など。

3.週に3回以上する。

 私は週に3回以上4kmから7kmジョッギングしています。走ってい

て向かってくる車のナンバーが3で割れるか

を瞬間的に判断します。「6479」は割れませんが「6579」は割れ

ます。瞬間的に計算するにはコツがあります。

以前熟年男性専科で披露しましたが、笑われました。

 コツは数字を全部足して3で割り切ればよいのです。

「6479」を3で割ると「2159余り2」、6+4+7+9は26で3で

割れません。

「6579」を3で割ると「2193」になります。6+5+7+9は27で

3で割れます。

 こんな風に走りながら頭を使います。偶には俳句を思いついたりします。

 ボケ防止に指先を使うのも良いようでパソコンのキーボードを両手の10

本指を使って打つこともよいそうです。

 私は残念ですが、右手1本指ですので効果は薄いです。








トップ アイコン目次へもどる      「エッセイ一覧」へもどる
inserted by FC2 system