越刎さんのエッセイ №6                .




私のスポーツ人生



(1)子供の頃



 24日の深夜0時半起きてサッカーの対UAE戦をテレビ観戦しました。

今回はハリルホジッチ監督の采配が当り2-0で快勝しました。特に急遽

召集されたガンバ大阪の紺野の採用が実って攻守とも抜群の活躍でした。

 

 「春深夜サッカー観戦日本勝つ」

 

 私は日本の対外試合は必ず深夜でも応援しています。釜本がいた時分よ

り興味がありましたが、Jリーグ発足当時はそれほど好きではありません

でしたが試合中ずーと目が離せないことが、他のスポーツにない魅力です。

 

 スポーツはすることも観ることも好きでテレビのスポーツ放送はよく見

ています。昔はプロ野球でしたが今はほとんど見ません。休んでいる時間

が多いのが気に入りません。

 

 その昔、京都出身のためか、関西の大学や実業団で好きなスーパー選手

がいた時です。ラグビーの平尾や大八木がいた同志社大学や神戸製鋼。東

海のいた時の京大のアメリカンフットボールでした。がっぱになって応援

したものです。
しかし彼らがいなくなった後は余り見なくなりました。

 

 今は日本選手が活躍している種目の試合は欠かさず見ています。特にフ

ィギュア―スケート、スキージャンプ、水泳、陸上競技、体操、卓球、テ

ニスなど。

 

 さて私のことですが、この歳(85歳)になりますと、最近はしきりに

-小さいころよりのことが思い出されます。この際、少し書き残したいと

思うようになりました。何回に分けてお話しします。

 

 先祖が滋賀県の甲賀ですので、甲賀忍者か雲助の子孫だったそうで一族

は皆足が速かったです。私は小さかったですが、運動能力もそこそこあり、

戦時中の小学校(当時は国民学校)の体力測定でクラスで私だけ2級で他

の人は3級以下でした。勿論運動会ではリレーのメンバーでした。苦い思

い出があります。跳び箱や鉄棒はそこそこ出来ましたが、前転で失敗して

砂場に頭を突いてから怖くなり以後はもう体操はしなくなりました。

 

 旧制中学は文武両道で通っていた名門校でしたので、以降スポーツ好き

になったと思われます。戦時中はスポーツと言えば剣道と柔道しかありま

せん。勿論教練(軍事訓練)と必須です。ただ校庭が広かったのでグライ

ダー部がありました。私はグライダー部に入りましたが、もっぱら綱でグ

ライダーを引っ張る役しかなかったです。

 

 敗戦後食糧難で学校を休み汽車に乗って遠方まで藷の買い出しでした。

弟や妹がいたので半年これをやった後、中学を辞めて働きました。幸運に

もこの会社は組合運動が盛んで、勤務時間も8時5分より16時まででし

た。それで夜間中学に編入しました。

会社では卓球が盛んでその地区では優勝をしていました。

 

 夜間中学が新制高校の定時制になり卒業するまでは。ずーと卓球をやっ

ていました。定時制では運動のクラス対抗があり器用な私はすべての種目

に出ました。

 

 その関係で京都市の定時制大会には、卓球とバスケットボールと陸上競

技で選手として出場しました。成績はよくありませんでしたが。











トップ アイコン目次へもどる      「エッセイ一覧」へもどる
inserted by FC2 system