信州の温泉の思い出


                                     くろねこさん 作



5月の連休に信州の地獄谷の野猿公園に行きました。よく雪のなかで温泉につかっている、

サルのポスターを見ていましたが、始めて見ました。

  

温泉に気持ちよさそうに入っている、ほのぼのとした光景を見て少しは癒された感じです。ここ

のおサルさんは品が良いです。日光の土産店に入って食べ物を取ったり、観光客に襲ってな

にか奪ったりはしません、手になにも持っていなければ、おとなしくしていました。

 


その後、渋温泉まで足を伸ばし、一泊の宿を取りました。午後3時過ぎに旅館に着き、さっそ

く温泉に入りました、7階建ての屋上に露天風呂がありました。

浴衣を脱いで越中褌になっていた時に、おじいちゃんが入ってきました、私は意識してしばらく

そのままでいました、が余り気にもしてくれずにいました。褌を解き温泉に入りました。じいちゃ

んもはいってきました、早いので2人だけでした、眼下に川が流れ、あちこちに温泉の蒸気が

昇り眺めの良い風呂です、温まった体に爽やかな風が当たり最高の気分。おじいちゃんに声

をかけると長野県内から、時々来るとのことでしたお年を聞くと80歳との事フケ好きの自分に

は最高、陰毛も薄く自分と同じく包茎ですごく「かわいい」ちんちんでしゃぶりたい気分でした、

一緒に出て褌を締めていたら、にこっとして珍しいねと言ってくれました。

ただそれだけでしたが、すごく良い温泉に感じました。




トップ アイコン目次へもどる      「エッセイ一覧」へもどる
inserted by FC2 system