薫さんのエッセイ №1               .




ポエムさんの「芸映画を観て(1)」を読んで  .



When I'm sixty-four

 

 830日の朝日新聞夕刊の一面トップに「名画座カムバック」という記

事がありました。

 

この中に載っている名画座で、私が通っているのは「ギンレイホール」と

「早稲田松竹」です。

 

 ギンレイは1年間1万円で見放題の会員制度があり、私は2000年から会

員になっています。
2本立てで、2週間毎に上映が変りますので、年間を

通すと相当数の映画を観ますし、
13年以上東京郊外から都心の飯田橋の映

画館まで通っていることになります。

 

 そんな映画好きの私にとって、ポエムさんの「芸映画を観て」の連載最

初の「老人達のロマンス」、この映画を私は知らなかったので、グーグル

やヤフー、アマゾンなどで探がしましたが、全然ヒットしませんでした。

英語の題名で入れてもビートルズの曲名できり出ませんし、八方塞がりの

状況でした。

 

 ところがなんかのひょうしにBBC放映のTV映画ということがわかっ

たので、それならユーチューブで観れるかもと入れたらヒットしました。

このときの歓びといったら言葉にいい表せません。

 

 ポール・フリーマンが良くて、この人の顔を見ているだけでも満足で、

私の一番好きな俳優になりました。
1時間を過ぎたところから最高のシー

ンが始まりますので、是非皆さんも覘いて見てください。

 

https://www.youtube.com/watch?v=l5Sj7LgTHx8&list
=FL_VZ1-OOoEvyDbtpRGcGvyg&index=4

 

 男と男の心の繋がった愛、心の繋がりがあるからあの抱擁シーンがあん

なに美しいのだろうと思います。

 

 映画の内容はポエムさんのエッセイで触れていますので、そちらをご覧

になっていただき、「老人達のロマンス」ではどうしてもヒットしません

でしたので、字幕スーパーので観ることができる情報があったら、ポエム

さん是非教えてください。









トップ アイコン目次へもどる      「エッセイ一覧」へもどる
inserted by FC2 system