葛飾のとらさんのエッセイ
 №2            .




高脂血症のお薬



(1)


 昨秋の健康診断でコレステロール値が291㎎/㎗、中性脂肪値が

263㎎
/㎗と言う結果が出て、要治療となってしまいました。もう

10年以上前から値は変わっていませんが、特に治療までは言われ

たことが無かったので、診察する先生によって判断基準が違うもの

だと思いました。少し抵抗はありましたが、元々低血圧だったのが

最近は130
/90近辺で、人並みになってきたのと、実の父(実じ

ゃない父もいたので私の話はややこしい)が61歳の時に脳梗塞で

亡くなっているので、指示に従うことにしました。

 

 アトルバスタチン錠というジェネリック薬を処方されました。「

人により筋肉痛や脱力感が出る場合もありますので、その場合は別

の薬に変えますから申し出て下さい。」と言われていました。11

月から飲み始めましたが、筋肉痛などは全くありませんでした。し

かし2か月以上経過した時にある疑問が湧いてきました。最近、セ

ンズリをしても中々硬くならず、あまり芯が無いまま射精してしま

い、スッキリ感が全く感じられなくなっているなぁ、もしかすると

薬のせい?

 

 1月の診察の時に、因果関係があるか思い切って聞いてみようと

思いました。いざ診察となると、隣に看護婦さんは待機しているは、

ドアの向こうに患者さんがいるはで中々言い出せません。一通りの

診察が終わって、それでは今日はこれで結構ですと言われてしまい、

中々切り出せず、「あのう、えーと、実は・・・」と言うのが精い

っぱいでした。「何でもおっしゃってください」という先生の促す

声でようやく言えるようになりました。「薬のせいなのかは解りま

せんが、ちょうど薬を飲み始めた頃からセンズリの時に勃起力が非

常に弱くなって軟らかいまま射精してしまい、満足できない事が多

く、日々モヤモヤが残ってしまい困っています。命に係わる事では

ないので仕方ないと言えばそれまでですが。」そのままスラスラと

言えたわけではありません。「センズリ」や「勃起」、「軟らかい

まま射精」は言葉でなく右手を使ってジェスチャーで何とかわかっ

て貰えたようで、「気になることがあったら何でもおっしゃってく

ださい。薬はたくさんの種類が出回っていますから、合う薬を探し

て行きましょう」と言って頂き、今のクレストール錠という薬に変

えてもらいました。

 

飲み始めて3日目にふんどし姿の自分の写真を撮っているときに

興奮してきて、以前のように硬くなり、久しぶりに満足できました。

偶々、翌日も老いのときめきを見ていたら、どうしてもしたくなり、

その時も硬くなり勢いよく射精できたので安心していました。

 

高脂血症の薬がバイアグラのように効いたのか、マイナスに作用

していたのが解消したのかはわかりませんが、些細な事でも相談し

てみるものだとつくづく思いました。同時にあのジェスチャーは恥

ずかしく、次回からは事前にメモを用意しておこうと思いました。

 

ところがすぐに体に異変を感じるようになりました。










トップ アイコン目次へもどる      「エッセイ一覧」へもどる
inserted by FC2 system