葛飾のとらさんのエッセイ
 №3            .




高脂血症のお薬



(2)


先週末から毎朝の運動の時に全身に筋肉痛とだるさを感じ、ウォーキ

ングが辛い日々が続くようになりました。以前は続けて射精しても朝の

運動に影響が出るような事はなかったので、センズリの疲れとは違うと

確信していました。

 

まだはっきりわかりませんが、どうも新しい薬の影響だと思っていま

す。この種の薬の副作用は筋肉痛が多いと初回の時に言われました。し

かし、2か月程服用していても筋肉痛はありませんでした。薬の服用と

時期を同じくして、徐々に勃起力が弱くなって行ったように記憶してい

ます。

 

多分、2回目に改めて処方された薬は勃起力には影響ないものの、筋

肉痛が出るタイプだったのだと思います。副作用にも個人差があるよう

です。今、病院に行くかどうか悩んでいます。勃起力も維持できて、筋

肉痛もないものがあればそれに越したことはありませんが、二者択一だ

ったらどちらを選ぶかと言う問題です。センズリですっきりできないの

も辛いですが、筋肉痛やだるさはそれ以上に辛いです。勃起力を捨てる

ほうに気持ちは傾いていますが未練が残ります。

 

毎月のように血液検査をしていますが、当初300近かった肝心のコ

レステロール値がいくつになっているかは全く聞いていませんでした。

コレステロール値って自覚症状が無いのが厄介です。自覚症状は脳梗塞

や心筋梗塞など危険な状況なので、勃起力がどうのこうの言っている場

合じゃないのは承知していますが、センズリでさえ満足できない人生な

ど意味が無いように思ってしまいます。もっともっと楽しみたいと思っ

ています。


                                                おわり







トップ アイコン目次へもどる      「エッセイ一覧」へもどる
inserted by FC2 system