幸親父さんのエッセイ №4                        .




男の手料理


(3) 酒の肴「水菜の煮浸し」





今回も水菜のお裾分けを戴きました。今回の水菜は「サラダ水菜」で名前

の通りサラダでも
OKですが、煮浸しにしてみました。

 

 

水菜の煮浸し材料(2~3人分)

☆ 水菜・・・・・200g位 3~4cmのざく切り

☆ 油揚げ・・・・・1枚 短冊切り

☆ 人参・・・・・1/2本 3cm位の長さで千六本切り(切ったらラ

  ップをして電子レンジに1分程かけます)

 

 

A.だし汁・・・・・200ml

A.薄口醤油・・・・・小さじ 5

A.みりん・・・・・・・・小さじ 5

A.砂糖・・・・・好みで適量    

 

 

調理

1.鍋にAの材料を入れ、沸いたら油揚げを入れ再度沸いたら水菜、人参

  を入れます。

2.再度沸いてきましたら箸で水菜を押さえて煮汁に浸かるように押さえ

  ます。

3.その後落としぶたをして1分30秒くらい煮れば出来上がりです。

 

 

煮浸しは、暖かいうちが美味しいので作ったら直ぐ食べましょう。

きょうのお酒は、先月サントリーから発売された新銘柄の「知多」です。

ハイボールにして戴きました。煮浸しとも合います。










トップ アイコン目次へもどる      「エッセイ一覧」へもどる
inserted by FC2 system