幸親父さんのエッセイ №6                        .




深まり行く秋



最近の事から・・・・

朝晩と肌寒さが増して来ると男肌の温もりが恋しくなり、センチ

メンタルになります。

 

街中は、銀杏が色付いて来ました。

この季節になるとデュークエイセスの「銀杏並木」口を突いて出

て来ます。

この曲は、デュークエイセスの日本の詩に収録さて居ます。

 

 

 

 

「銀杏並木」  作詞:永六輔   作曲:いずみたく

         ※永さんには、悪いが少し歌詞を変えてみた

 

♪ 大阪の恋男よ

  北から南へ歩こう

  銀杏並木が芽をふいた

  熟年二人の目があった

  梅田から中之島

  恋男に遠い道はない ♪

 

♪ 大阪の恋男よ

  北から南へ歩こう

  銀杏並木は緑色

  熟年二人は赤銅色

  中之島から本町へ

  恋男に遠い道はない ♪

 

♪ 大阪の恋男よ

  北から南へ歩こう

  銀杏並木は黄金色

  熟年二人はフィアンセさ

  本町から心斎橋

  恋男に遠い道はない ♪

 

♪ 大阪の恋男よ

  北から南へ歩こう

  銀杏並木は木枯で

  熟年二人は寄りそって

  心斎橋から難波まで

  恋男に遠い道はない ♪










トップ アイコン目次へもどる      「エッセイ一覧」へもどる
inserted by FC2 system