杢太郎 さんのエッセイ №11                 .




杢太郎の言わずもがな~⑪



「爺と健康」




 (。・ω・)ノ゙ コンチャ♪杢太郎です。

老いとき読者の皆様、お元気ですかぁ〜?。

梅雨もたけなわのこの時期が終われば、暑い暑い夏がやって参ります。

酷暑が来れば、私達年寄りには寒い冬と同じ様に、いやそれ以上に健康に

気を付けねば成りませんね。

そこで、今日のお題は「爺と健康」について、お話を進めたいと思います。

とは言え、所詮「言わずもがな〜」ですから、大したお話では有りません

よ〜
(; ^ω^)/

 

 

其の1、

先日テレビで、夏風邪を軽んじるのは危険との話題を放映して居りました。

夏になると気温が上昇し発汗も増え、体力を消耗して免疫力も低下して参

ります。

すると、鼻や喉に常駐(特に小児に多く、咳やくしゃみで成人に感染する)

している肺炎球菌が活発に成り、時に肺炎(肺炎球菌感染症)を引き起こ

す事が有るのだと言います。

軽い夏風邪だと思っていたら実は肺炎だった!、と言う事がよく有るのだ

そうな!。

肺炎は日本人の死因第3位!、しかも亡くなる方の約95パーセントが65

歳以上ですって!
( iДi)コワー!

我愛すべきエッセイの大御所の方も、軽い風邪だと思っていたら肺炎だっ

たとのこと。

是からの暑い夏、我々高齢者は、ことさら健康に留意して過ごさねば成り

ませんね!。

 

 

其の2、

次は、夏だと特に臭いお話かもぉ〜!。

※お食事中の方はご免なさい <(_ _)>

最近、「腸内フローラ」なるモノが世間で話題に成って居ります。

健康に造詣が深い「老いとき読者」の方々は既に御承知かと思いますが、

一応説明致しますと、腸の中に住む細菌たちの生態系のことをさす言葉、

だそうです。

この腸内細菌、良くも悪くも私達の健康に深く関わっているそうで、癌や

糖尿病などの肉体の病気だけに留まらず、鬱病などの心の病にも関連が有

ると見られていて、他にも花粉症などのアレルギーや免疫機能にも影響を

与えているとの事。

海外では、ある種の病気の治療に、健康な人の便を水に溶かし、患者の肛

門から直接腸に送り込む方法をとり、実際に成果を上げているそうです。

えっ?、他人のウ○チをお腹にぃ〜 !? Σ(o)ノノ

…てか、もしかして世に言うスカトロの方々って、いろんな人の腸内フロ

ーラを貰っているので、すっごく健康だったりして〜!
(^O^)///

いやいや、笑い事じゃなくそうかも!。

近い将来「スカトロ正義」な世の中に成るのかな〜?。

あ、余談ですが、冒頭に夏だと特に臭いと書きましたが、スカトロプレー

の後、シャワーを丹念に浴びても、頭皮に染み付いた臭いは中々取れない

そうで、特に夏場、満員電車で仄かにウ○チの匂いが漂ってきたら、近く

にスカトロ様がいらっしゃるのかも!。

そんな時には「う〜ん…血の臭い!」と、ハードボイルド風に呟いてみて

ね!
(*^_^*)/

 

 

其の3、

私達男は、年を取ると前立腺肥大が問題になって参ります。

是は男性ホルモンが原因だそうですが、詳しい事は良く分かっていないそ

うです。

前立腺肥大は前立腺癌とは全く別物だそうですから、其の点では安心なの

ですが、酷くなると尿道を塞いでしまい、尿がまったく出なく成り、膀胱

に細菌感染を起こしたり、腎臓に尿が逆流して水腎症に成る事も有るそう

です。

重症になってしまうと手術をしなければなりませんが、実は昔、前立腺肥

大の手術をされた方を知っているのですが、手術後の彼は痛々しくって、

とても見て居られませんでした!。

でも、前立腺肥大の初期ならば「前立腺マッサージ」と薬で症状が改善し、

手術をしなくても済むそうな!。

前立腺マッサージの方法は、肛門に潤滑剤を塗り、指を使って柔らかく揉

みほぐしてスムーズに動く様に出し入れします……あれぇ?。

これって…「老いとき」読者の方々には必要ないかも〜〜!。

てか、「何時もやってるぅ〜」って方が多いですよね〜 (*´`*)/

ま、厳密に言えば、やってるのは「前立腺愛撫」かな?。

と言う訳で、私達お仲間には前立腺肥大には無縁の方が多いんじゃないか

と思いました
()

 

 

てな事で、それでは又ね!

以上、杢太郎でした~ (o⌒∇⌒o)/



                                           続 く 






トップ アイコン目次へもどる      「エッセイ一覧」へもどる
inserted by FC2 system