桃色の越中さんのエッセイ 1                      .




論語の世界  .



論語は誰でも一度は興味を持つと思われます。

今日は有名な論語の一部を紹介して見たいと思います。

「われ十有五にして学に志す。三十にして立つ。四十にして惑わず。五十

にして天命を知る。六十にして耳順う。七十にして心の欲するところに従

いて矩を踰えず。」、

先ず冒頭の部分から「われ十有五(じゅうゆうご)にして学に志す」、十

五歳で小学校入学
と言うことは有り得ません、孔子は年齢こそ遅いがとに

かく学問の道を志しました、と訳するのが正解かと思われます。次に「三

十にして立つ。四十にして惑わず。」、三十歳でなんとか一人前になり独

立意識を持ちました、四十歳ではさまざまな惑いをふっ切って一つの決意

を固めあれこれ迷わなくなりました、と訳します。次には「五十にして天

命を知る。六十にして耳順う。七十にして心の欲するところに従いて矩(

のり)を踰(こ)えず。」、五十歳で天命をわきまえ、六十歳で人の言葉

が素直に聞けるようになり、七十歳で思うままにふるまっても道から外れ

ないようになった、と訳します。孔子は七十四歳で他界されたので、この

後の心境は語られていません。

論語の一部をご紹介しました。





トップ アイコン目次へもどる      「エッセイ一覧」へもどる
inserted by FC2 system