桃色の越中さんのエッセイ 5                      .




未来からの訪問者  .



「ジョン・タイター」という人物をあなたはご存知だろうか?彼は2000

年の
11月、アメリカの大手ネット掲示板に突如現れた「未来人」、いわ

ゆるタイムトラベラーである。彼は自身のことを
2036年から来たと語っ

ており、約
4ヶ月に渡り掲示板を通して投稿者からの質問に答えた。

その質問の一部ではあるが、「あなたが過去の世界に行き、自分自身と会

うことが出来る。その自分自身を殺せば、現在のあなたは存在しないとい

う矛盾が生じますね」。

それに対し、ジョン・タイターは「パラレルワールド」という、難しい理

論で答えている。

 

又、ジョン・タイターは、2036年には、コンピューターがパニック状態

を起こしてしまい(情報量が多すぎて)、それを回避する為には、昭和
50

年代に作られた
IBM製の古いコンピューターが必要とのこと、そのコンピ

ューターを取りに、昭和
50年代にタイムスリップし、その帰りに、2000

年に立ち寄ったと証言している、

又、関係者がIBMに、問いかけた所、確かにそのコンピューターは、我が

社で作っていたとのこと。

その後、関係者が詳しく調べたところでは、ジョン・タイターの生まれた

生家を調べた所、家族関係者の存在が不明であり、ジョン・タイターの証

言は信憑性が薄いとのこと。

 

そのジョン・タイターが、未来を予言しているのである。

@ 2000年問題によって起きた災害や混乱が、後の内戦の火種となる。

A CERN2001年近辺にタイムトラベルの基礎理論を発見し、研究を開始

 する。

B アメリカ国内でも狂牛病が発生する。

C 2001年以降にそのうち中国人が宇宙に進出する。

D 2001年以降に新しいローマ教皇が誕生する。

E ペルーで地震が発生(2001年にペルーでの地震をほのめかした4ヵ月

 後にペルーで地震発生)

F 世界オリンピックは2004年の大会が最後となり、2040年度ようやく復

 活する。

G 2005年にアメリカが内戦状態になる。

H 2008年、アメリカ合衆国で急激に警察国家化が進み、都市内部と都市

 外部で内部抗争が発生する。

I 2011年、内戦が原因でアメリカ合衆国が解体されるが、翌年にはアメ

 リカ連邦帝国が建国される。

J 2015年、ロシア連邦が反乱部隊の援助という名目でアメリカに核爆弾

 を投下。核戦争となり、第三次世界大戦へと発展する。その後、アメリ

 カの外交権麻痺に乗じて、中華人民共和国が覇権主義を強化。台湾、日

 本、韓国を強引に併合する。

 後にオーストラリアが中国を撃退するが、ロシアの攻撃により半壊滅状

 態になる。ヨーロッパ諸国もロシアによりほぼ壊滅するもアメリカが撃

 退し、ロシア連邦が崩壊する。

K 2017年、30億人の死者を出した末、ロシアの勝利に終わる。

L 2034年にタイムマシーンが使用可能となったとも語り、写真と設計図

 まで公開された。

 

この予言の中には、的中している物もあれば(BCDE)、不的中の物も

ある。

幸い、現在アメリカでは内戦が起きていないが、第三次世界大戦の可能性

は、無きにしも非ずといった所か。

ただ単なる予言であってほしいと願っている。











トップ アイコン目次へもどる      「エッセイ一覧」へもどる
inserted by FC2 system