ポエムさんのエッセイ №3                   .




芸映画を観て       .

()JBを宜しく  .



    .


アメリカ映画  JBを宜しく

主演 アンソニー ホプキンス  ブラッド ピツト

NYのメデイア会社 ウイリアム パリシュは60代の老社長でした

彼は数年前に、妻をなくして、独身者です。

独身者でも、風格があり、男色の人には、理想の人でした。

彼には、3人の愛娘が、おりました。その、愛娘の一人にスーザンと名

前の子がいました。

社長の自宅には、社長と彼女と二人で暮らしておりました。

彼女の仕事は、医師でした。勤める近所にコーヒショップがありました。

ある日、通勤途中で、コーヒを飲んでおりました。そこへ、彼女の隣に

突然見知らぬ青年が入ってきました。

青年は、彼女に笑顔で、コーヒを一緒に飲もうと言いました。彼女は一

緒に義理で飲みました。

飲み終えると、一緒に外へ出ました。彼女が、通勤先に向かうと時、青

年が、道路を渡り始めました。

彼女の目の前で、大音響が聞こえました。見ると青年が宙に舞っていま

した。大事故でした。

彼女は、仕事に行かないといけないので、彼を見捨てて無慈悲にも、病

院に行きました。、

医師なのに、不可解です。彼は、何処か?いなくなりました。

夕方近くに二人の、愛娘の家族が社長を、訪ねてきました。食事の時間

になりました。

そこへ、突然、行方不明の青年が現れました。彼は、社長以下みんなに、

スーザンの恋人だと言いました。

彼を含めて、みんなで、食事が、始まりました。やがて、スーザンも自

宅に帰ってきました。

彼女が、青年を見たとき、衝撃を受けました。大事故に遭ったはずの彼

が何故ここに!しかも健康体で!

食事が終わり、みんなが帰り、社長と彼女と青年、3人になりました。

彼女の衝撃も、和らぎ少し落ち着きました。青年の恋人でもないのに!

父は、彼女に、問いただしました。彼は、恋人かと?彼女は、返答に困

りました。

彼は、今日からこの家で暮らすと、いいました。二人は、唖然としまし

た。

とにかく、この状態で3人の生活がはじまりました。

彼が何故この家に来たのか、目的がわりませんでした。

社長は、とりあえず、彼の身の回りの世話をしました。

やがて、彼は、スーザンは、恋人では、ないと言います。社長、貴殿の

面倒見るのが目的と言います。

以後、彼は、会社経営を含め献身的に社長を支えます。会社危機も救い

ます。

その様な、行動見て今度は、彼女が、彼に逆に好意持ち始めますが、相

手にしません。

それより、彼は、社長の心の中に益々入っていきます。社長も好意を、

持ち始め何時も行動を共にします。

一時的ですが、楽しい生活を送ります。社長も彼の心に魅かれていきま

す。

そんな、彼と父親の関係に、彼女は、彼にゲイですかと問いただします。

彼は、黙ったままでした。

彼女は、それ以上追及、しませんでした。父親が幸福なら良いと思いま

した。

実際、社長は、彼との生活に幸福感に浸っていました。

でも、すこし、身体に違和感を覚えていました。

そんな、ある日、社長の邸宅で豪勢なイベントが開かれました。

彼は、社長に貴殿の夢先案内人だと告げます。そして社長の邸宅の側に

小高い丘があります。

小高い丘の奥に数千本の花火が上がります。彼と社長はその丘の方向に

消えていきます。

社長と彼の姿は、幻想的で魅力的でありました。美しい花火でした。

私には、社長が本当に魅力的でした。










トップ アイコン目次へもどる      「エッセイ一覧」へもどる
inserted by FC2 system