ポエムさんのエッセイ №8                   .




芸映画を観て       .

()波も涙も暖かい  .



    .


アメリカ映画 波も涙も暖かい

 

主演 フランク シナトラ エドワードG ロビソン

 

アメリカ フロリダ マイアミ

エデンの園と言うホテルを経営する男性がおりました。名前は、トニーです。

トニーは、妻を亡くし、アニーと、言う息子と暮らしていました。トニーは、

ホテルの経営がおもわしくなく、経営破産寸前でした。小さなホテルでした。

かさんだ借金の為に、立ち退かなければ状態でした。そんな、トニーに恋人

がおります。恋人は、アニーを手放して、一緒になってくれと迫られます。

 

ト二―は道楽人です。現実を顧みない、浮世離れした性格でした。それでも

ア二―は、父親が好きでした。そんなトニーを心配する兄夫婦がおりました。

ト二―は、兄に無心するばかりで、何時もトニーに、激怒しておりました。

ト二―を立ち直らす為に所帯を持つ様に助言を致し見合い話を持ち込みますが

トニーは、気乗りがしません。恋人がいるからです。兄は、強引に見合い話

を進めます。仕方なくトニーは、見合いをする事になりました。その見合いの

相手は、ロジャースと言う名前の女性でした。彼女はまず、少年アニーを気

に入りました。彼女は、夫と子供一度に亡くした不幸な女性で、気強く生き

てきています。そんな、彼女にトニーは、少し気乗りしますが、自分が金銭

目当てが目的だと、彼女に告げます。そして、自ら、トニーは、身を引きま

ます。そしてトニーは、ホテルに帰ります。恋人は、見合い話を知りすでに

姿を消しておりました。一方、兄夫婦は、結婚話をトニーが断った事を知る

とさらに激怒します。ある日、トニーは、金を無心する為、友人に近づきま

ますが見破られ失負に終わります。挙句の果て、賭け事にも手を出し失敗し

て無一文なり、少年、アニーを手放す決心します。トニーは、兄に激怒され

ても、兄に抱き着き涙を流します。結局、アニーは、兄夫婦引き取られる事

になります。トニーは涙ながして、海辺の影からアニーを見送ります。一方

兄夫婦、とアニーは、タクシーで帰ります。その中で父親トニーを思い涙を

浮かべます。兄は、弟トニーの事考えて引き返す事に決めます。海辺たたず

んでいるトニーの所にアニーは、走りより抱き着きます。その後兄夫婦も駆

出します。兄弟愛、親子愛を引き出した悲しくも暖かい映画でした。私が20

歳位の時の映画です。今から40数年前に見ました。










トップ アイコン目次へもどる      「エッセイ一覧」へもどる
inserted by FC2 system