ポエムさんのエッセイ №19                   .




芸映画を観て        .

(18)愛と青春の旅立ち  .



    .


アメリカ映画 愛と青春の旅立ち 

 

主演 ロバート ロッジア  リチャード ギア 

 

アメリカ、ワシントン州 シアトル

 

ザック(Rギア)は、父親、バイロン(Rロッジア)と一緒に荒廃生活を

送っておりました。ザックは、この、荒廃生活から、抜け出す為に、父親

と別居して、海軍航空士官養成学校に入ると父親に告げます。父親も、昔

海軍の士官でした。父親は、自分の経験から軍隊に入っても苦労をするだ

だけだから、と反対をしておりましたがザックの意志は、固く入学する事

になりました。

そこに、就任するウォリー教官と同志との友情,色々な出来事を織りなし

ながら成長する、姿を影で父親も見守っておりました。厳格な反面、哀愁

帯びた面影で優しい父親役でした。最初に登場する父親、バイロンの素晴

らしい体格、場面に圧倒されました。抱擁されたい位い印象的でした。

 

この方、飛行機のパイロット役が多くインデペンス デイの総指揮官役に

も出演されております。










トップ アイコン目次へもどる      「エッセイ一覧」へもどる
inserted by FC2 system