理一郎さんのエッセイ №1              .




孤独な夜のタンゴ



(1) 美味しいパン



 越褌さんから「良ければエッセイでも投稿されては」とのお勧めもあ

り、都会のマンションでの独り暮らしの思うことあれこれを書いてみる

ことにしました。

もうすぐ後期高齢者になる年金生活者です。

 

 私は毎朝、パンとコーヒーと果物を食べます。

せっかく毎朝食べるので美味しく食べたいと言う願望があり、パンにも

こだわりがあります。TVで見た「麦茶を吹きかける」方法、これは案

外いけます。

但し、食パンとフランスパンに限ります。

100円ショップで買った霧吹きの中に麦茶を入れます。それを冷蔵庫保管

で少々固くなった食パンかフランスパンの両面に噴きつけます。それか

らトースト(ちょっと長めで4分くらい)。

パンも麦、麦茶も麦の理論でこれで中身がソフトになり風味も上がりま

す。

私は食パンは食べないので側が固いフランスパンで楽しんでいます。中

身はソフト、周りの側はしっかり、二種類のパンを美味しく頂いてます。

 

それにバターをたっぷり。最近はバター不足でスーパーでもマーガリン

ばかりが目立ちます。昔は塩分や糖分、乳脂肪にも気を付けていたので

すが、この年になり、それよりも美味しいものをと言う考えになり、減

塩ではないバターを探して塗っています。コーヒーに入れる牛乳も特濃、

乳脂肪の高いほうが美味しいので濃い牛乳にしています。

 

それでも身体の数値は安定しています。高齢になると大量に摂取するわ

けではないのであまり気にせず美味しく食べるほうがいいのでしょうね。

 

朝食の時間が朝10時頃と遅いので、昼食は抜き。今では昼間はお腹も

空かず

(それだけヒマだと言うことなのでしょう)、夜の魚中心の食事と日本

酒が楽しみになってきます。

 

 まずは霧吹き麦茶のススメでした。









トップ アイコン目次へもどる      「エッセイ一覧」へもどる
inserted by FC2 system