理一郎さんのエッセイ №7              .




孤独な夜のタンゴ



(7)薄型テレビ



 8年間使ったソニーの液晶TVが突然故障しました。ソニーの修繕セン

ターに来て貰ったら「すでに部品がない、部品は8年が限度です」と。そ

んなアホな!

10年くらい置いとけよ!と怒っても仕方ない。

 

 TVのない生活を5日くらい続け、それはそれで静かで良かったのです

が、やはり無趣味な私には退屈。パナソニックのヴィエラ42型に変えま

した。

 

 ところが近年の薄型テレビはスピーカーが下向きについてると言う。以

前のテレビは画面の下に前向きに付いてたので、それに比べて声がカン高

くて敵わない、特に女性のリポーターの声はキンキンして不愉快。

 

 私は耳が良いので余計敏感なのかもしれない。メーカーに関係なく薄型

テレビは周りの枠を薄くするために殆どがスピーカーは下向きについてる

そうです。

 

 それなら、と思い付いてTVの下に厚めのカーペットを敷いてみました。

それまではガラスのTV台だったです。

 すると、下向きのスピーカーの音をある程度吸収してくれて柔らかい音

に。

心なしか音にも深みが出たような気がしました。

 

 もちろん微調整で高音カットにして低音を強調にもしています。これで

少しは苛々解消です。薄型液晶テレビはスピーカーが下向きについてるこ

とを、音に敏感な方は参考にして下さい。










トップ アイコン目次へもどる      「エッセイ一覧」へもどる
inserted by FC2 system