S.T さんのエッセイ 2                  .




仕事場で見かける人 (2)



 マスク

今日は暑かったですね、23度位になったみたいです。急に暑くなったので

身体が付いていきません。でも、暑くなると楽しみも増えますよね、そう

薄着になるので体のラインが分かってそそられますよね(^^)。

 

花粉症でしょうか、マスク姿の人が多いですね。冬の間は風邪予防と寒さ

よけでマスクをしている人が多かったですね。マスクをしていると、顔が

見えなくて残念なんです、だって、素敵な顔が見れないでしょう!

中には、素敵じゃない人もいると思うんですけど、そういう人は隠して貰

っていいんですが、(ポカッ)私の場合は、風邪気味だったので
1週間ば

かりマスクをしてました。

 

「お前こそ顔を隠してた方がいいんじゃないのか!」(獅子座の時代さん

ゴメン、パクっちゃいました)

 

そんなにヒドクはないと思うけど、目も鼻も口もちゃんとしてるし、ただ

バランスが悪いだけです。

 

さて、今回の主人公は、多分60代半ば。背は165センチ位かな、黒のキャ

ップに、黒のダウンのハーフコート、黒地で脇に白のラインが入ったジャ

ージのパンツ、黒のスニーカー、唯一白いのが大きめのマスク。目しか見

えません。これじゃ年齢は分かりませんよね、ただ、歩く時に大きく手を

振って大股で歩いてくるので、それほどの歳ではないと思っています。

この方は目の前を通る時、必ずこちらを見て会釈をしてくれます。通り過

ぎるとすぐ右折していきます。帰りもほぼ同じ道を戻ってくるので、
2

見ることが出来ます。いつもマスクをしているので、たまには顔を見せて

欲しいと思ってました。

 

それがかなったんです。2週間くらい前暖かい日があったんです、皆1枚脱

いだ軽やかな服装で歩いていました。何気なく見ていたら向こうから始め

てみる人が歩いて来たんです。初めての人で、素敵そうだなと思ったら特

に注意してみます(^^)。近くまで来た時に運悪く、現場車両が入って

来たんですね、勿論それが仕事なので車を誘導しました。それで振り向い

たら、その人が側まで来ていたんです。「こんにちは」と挨拶したら、会

釈をしてきたんですね、その会釈と穿いているジャージであの人だと分か

りました。

でも、分かった時には通り過ぎていました、じっくり顔を見ることが出来

なかったんです(シクシク)。
20メートル位行ったところで立ちどまって

現場の方を見たんですが、顔はよく分かりません。それから、前を通るた

びに「マスクを外して顔を見せて」と呼びかけたくなります。

もちろん良識あるオトナだから、しませんがね。

 

今日は暑いから、薄着でマスクを外して歩いてくるかなと、期待していま

した。でも、なかなか来ないんです。歩くルートを変えたのかなとがっか

りしていたら、やってきました。でも、大通りを挟んだ道の向こう側

(――);、その時立ちどまったと思ったら何かを探している様子、来た

道を急ぎ足で戻って行きます。思わず目で追うワタシ、探し物が見つかっ

たようで戻ってきます。目の前に近づいてきます、立ちどまってこっちを

見てくれないかなと祈っていたら、

ナントイウコトデショウ、ふっとこちらを見て会釈してくれたんです

(^^)。でもでもね、道の向こう側、顔がまたしてもよく見えない、若

い頃なら見えたのにな、歳はとりたくないナンテ思いました。

髪の毛はグレーが少し入りかけています。顔立ちは卵型で遠めだけれど、

カワイイ感じでした。今度は近くで見たいナ。

そうそう、こんなに暑いのにいつものように黒のハーフコートを着てまし

た。どこか身体でも悪いの? と心配になりました。

「ウソつけ、身体が見れなくて残念だったんだろう!」

それも少しはあるかな。

 

                              終り










トップ アイコン目次へもどる      エッセイ一覧に戻る
inserted by FC2 system