S.T さんのエッセイ 18                  .




鳴き声



この間の水曜日の事です。その日の仕事は市街地にある、クスリの○○

○の駐車場警備でした。朝の
9時から夕方の19時まででした。水曜日にお

客が来るのかな? なんて言いながら3人で仕事に着きましたが、まあ、

ひとが来るわ来るわで、大変でした。もっとも駐車場が
30台分くらいし

かなかったこともあるんですが、ひっきりなしに車が入って来て駐車場

の空き待ちに疲れて帰る人もいました。

また、当日は暑くて大変でした。こんな時に雲でも出てくれればいいん

ですが、午前中はカンカン照り。近くに木も無くてよけいに暑く感じま

したね。

こんな時、近くに木があれば少しは暑さも和らぐのにな、なんて思って

ました。

夕方7時、やっと仕事が終わって帰社です。3人で乗りあわせて行ったん

です。もう、エアコンは要らないよねと、窓を全開にして走ってました。

夜風が気持ち良かったです。

ところが、信号待ちで止まったところいような鳴き声と、臭いがしてき

たのです。“なんだろう”と思ったら、同乗者のK君が「これが、市街

地の鳥の騒音なんですね」と言いました。

そう言えば、今朝の地方紙の新聞に出ていました。“市街地の街路樹に

ムク鳥の集団が棲みついて住民から苦情が寄せられている、街路樹のケ

ヤキの枝を選定し始めた”と。これがそれか! と納得し、急いで窓を

閉めました。異様な臭気と鳴き声、完全に騒音でした。

あの鳴き声に比べれば、昼間現場近くの木で囀っている鳥の声は、なん

て可愛いものなんでしょう。朝も、爽やかな鳴き声を聞かせてくれます

し。

近くの草むらからは、もう虫の声も聞こえて来ています。

情緒ある鳴き声はいいのですが、何千羽と集まった鳥の声は騒音以外の

何物でもありませんね。

今までは、新聞で読んでも“そんなに毛嫌いしなくてもいいんじゃない

の”と思っていましたが、実際に聞いてみると住んでいる人は大変だろ

うなと思いました。

うるさい鳴き声と言えば、アオマツムシ? だったかな、そこらじゅう

の木の上から聞こえてくる虫の声、うるささに耳をふさぎたくなるけど、

もうじきそんな季節がやってきますね。

 

可愛くヨガリなく声なら、いつ聞いてもいいんですがね。











トップ アイコン目次へもどる      エッセイ一覧に戻る
inserted by FC2 system