S.T さんのエッセイ 21                  .




義父の下着



先日探し物があり、生前義父が使っていたタンスを開けてみました。

驚いたことに、引き戸の中に義父の下着が何種類か残されていたのです。

生前義父の下着類は、プラスチックの衣装ケースの中に入れて整理してい

ました。亡くなった後、妻や娘が下着類や普段着はごみとして片付けてい

ました。それ故義父の下着が残っているとは思っていませんでした。まさ

かこんな所に下着を入れているとは妻たちも思わなかったのでしょう。

義父の下着を見て、いろいろな思い出は蘇ってきました。

 

猿股 義父はずっとラクダ色のサルマタを穿いていました。サルマタの上

に夏場はステテコを穿き、クレープのシャツで夕食後は過ごしていました。

若い頃からの力仕事で鍛え上げた体には贅肉がほとんどなく、大胸筋が盛

り上がっていて、かっこよかったです。本当はサルマタいっちょでいて欲

しかったのですが、女性ばかりの家ではそうもいかなかったのでしょうね。

夏場ステテコから透けて見えるサルマタの中を見たいと思っていました

(笑)。

義父はなぜか下着だけは自分で洗っていて、義父の次に風呂に入ると小さ

めの盥の中にサルマタが入っていました。翌朝自分で洗うつもりだったの

でしょう。そのサルマタを穿いて義父に抱かれている気分を味わったもの

です。時々はサルマタの中に精を放出したこともありました。もちろんそ

の後はしっかり洗っておきました。今回残っていたサルマタはあまり穿い

ていないようで、股の部分がきれいでした。

 

トランクス 80に近くなってからでしょうか、妻が父親の下着をトランク

スに変えました。ガラパンではなく綿のパンツです。その頃私も同じよう

なのを穿いていたので、よく妻が私と義父のパンツを間違えていました。

そのため「これおやっさんのだよね」とか、「俺の下着そっちに行ってな

い?」とか聞いたものでした。そんな間違えていたパンツが1枚残ってい

ました。ここにあったのかと懐かしい感じでした。でも、あまり色気を感

じませんでしたね。

 

ボクサーブリーフ その後、俺がボクサーを穿くようになったら、義父の

下着もボクサーに変わりました。俺のと違って、妻がメーカー品を買って

いたので今度は間違えませんでした。ステテコの下にボクサーが見えるの

は結構素敵でしたね。初めて義父のモノをしゃぶったときに穿いていたの

もボクサーでした。脇から引っ張り出して口の中に入れた思い出がありま

す(笑)。確かその時穿いていたボクサーが残っていました。ゴムが伸び

て長年穿いていた感じがして嬉しかったですね(笑)。

 

尿漏れ用ブリーフ その後尿漏れをするという事で、妻がこの無粋なブリ

ーフを穿かせるようになりました。
80後半に入ってからですね、それまで

は積極的にいろいろなところに出かけていたのに、ブリーフを穿きだして

からあまり出かけなくなりました。何枚も残っていましたが、さすがにこ

れは残しておく気になれずごみ袋に入れました。新品が
1枚袋に入っていた

ので、どんな穿き心地なのか穿いてみました。股の部分がもさっとした?

感じで、ズボンを穿くと違和感がありましたね。これを穿いて出かける気

にはなれません。よく、新聞の広告で普通のブリーフと変わらない、と書

いてあるけど、グレーのブリーフなんて殆ど穿いている人を見たことがな

いので、これを見たら“尿漏れ用ブリーフ”と分かるのではないかと思い

ました。これは絶対穿きたくないですね。

 

という訳で、義父が穿いていたサルマタとボクサーブリーフを夜穿いて寝

ています。ゴムが緩くてちょうどいいんですよね。











トップ アイコン目次へもどる      エッセイ一覧に戻る
inserted by FC2 system