新参者さんのエッセイ №3                 .




熊出没



私の住む地方では先月来、熊が頻繁に出没していて怪我人も出ています。

冬眠から覚めた空腹な熊が餌を求めて人里近くまで出てくるようです。

先日は知人の親戚の田舎の夫婦が山菜採りに行ったとき、熊を見かけた

とのことです。幸い熊は気付かずに姿を消したそうですが、そのときの

夫のあわてた態度に妻が憤慨したり笑ったりしているという話をしてい

ました。

 

 ふと「熊と旅人」というイソップ寓話を思いだしました。

 

「二人の旅人が山道を歩いていると突然熊が見えた。一人の男は急いで

木によじ登って隠れた。もう一人は逃げ損なった。そこで死んだふりを

した。近寄ってきた熊は旅人の身体を嗅ぎまわし、耳元に口を口を寄せ

たりしていたが行ってしまった。木に登った男が下りてきて聞いた。

「熊があんたの耳に何かささやいだようだね」 

「うん、災難に遭った途端にお前を見捨てるような友達とはもう一緒に

旅をするなとさ」
                                                     終わり









トップ アイコン目次へもどる      「エッセイ一覧」へもどる
inserted by FC2 system