たけ爺さんのエッセイ 10               .




春の南魚沼石打への旅



会社勤務をしていた頃のお客様達と、その中の一人が、石打に別荘を保

有しているので、押し掛けて、山菜採り、渓流釣りなどを楽しむ為に、

車2台で9人で出掛けました。

 

御殿場から東富士道路を経て、中央高速へ入り、圏央道から関越道に入

り、越後湯沢インターまで、約7時間の運転です。

 

何ヵ所かのPASAで休憩して、浜松インターを入ったのが午前7時、越

後湯沢インターに着いたのが午後2時頃でした。

 

八海山を左手に見て、スキー場近くの高台の別荘地は、まだ雪が残り、

家の周りは、山藤の花が満開です。

ちょうど田植えの時期なので、田んぼに水が張ってあり、高台から見る

と、鏡のようで、綺麗ですよ。

 

気温は、10度と低くて、予想して厚着して来たけど、寒いですね。

山菜採り組、釣り組、夕飯の準備組に別れて、それぞれに頑張って動き

ました。

私は山菜採りでした。たらの芽、コシアブラ、山うど、アケビの芽など

を夕飯の天ぷらの材料として、一時間近くで山のように採り、釣り組の

岩魚3匹も加えて、バーベキューの始まりですね。

買って来ている、焼き肉用の肉、海鮮物、野菜を焼きながら、ワイワイ

飲んで、食べて、私は豚汁と、私が作った野菜で、サラダを作り、喜ん

で食べてくれました。

 

朝早くから、飲みっぱなしの皆さんは、午後8時頃には、お開きにして、

それぞれの布団に入り、全員が9時には就寝。

 

ところが、午前4時頃には、また起きて、飲み始めました。

7時頃からは、朝食を食べて、また山菜採り組は近くの斜面で、わらび

採り、一時間近くで、抱え切れないくらいのワラビを採り、手土産にし

て、ぼちぼち帰る時間です。

 

午前10時出発、直ぐ近くの道の駅(南魚沼)に立ち寄り、地元の産直品

を、お土産に買って、いよいよ静岡県に向けて出発して、ひたすら走り

ます。

 

今回は、静岡県、山梨県、神奈川県、東京都、埼玉県、群馬県、新潟県

の7県を制覇。

いやあ、よく走りましたよ。

 

浜松インターに着いたのが午後6時。

私は、ほぼ運転手ですので、目は疲れる、腰は痛く、流石に若い頃とは

違い、疲れましたよ。

 

片道7時間のコースは、他の人達も、もういいかなあ?って感じでした

ね。

休憩するとは言え、片道5時間がリミットですよね。

 

画像は、別荘の庭からの風景と、天ぷらにした山菜です。



 








トップ アイコン目次へもどる      「エッセイ一覧」へもどる
inserted by FC2 system