常夏さんのエッセイ 1                            .



ライフワーク「一人住まいの訪問」



(1)


地域の過疎化が進行していますが、私の周辺では昨年小学校が統合して

一人住まいの方が増えています。人間が枯れていくのは自然なのですが

何か出来る事が無いかと思い、時間が在る時に始めたことがあります。

『一人住まいの訪問』です。


男性の家に行くときは気持ちを整えて、おはようーと声をかけて入りま

す。

朝は何時に起きたのーと聞きますが、耳が聞こえないので手を添えて話

をします。

6時30分かなーと、ラジオ体操したかなーと聞くと出来なかったと返

ってきます。

顔は洗顔したかなー と聞くと、これからと言うので、下着類を着替えさ

せて洗濯機に入れスイッチON。

風呂場を暖めて、椅子に座ってシャワーで身体を洗ってあげます。80

歳を過ぎた爺さんは、
気持ちがいいよー、って話しかけてきますが、歳

を取ると背が曲がってきて湯をあてて延ばす
練習をしています。陰毛は

白の中に黒いのが数本です。前は石鹸で洗っていますが
腕を握られて

竿のところに持って行くので、握ってあげると喜んでいますよ。

男性の若い頃を話して、楽しいですね。朝食の用意をして団欒してきま

す。



                                                    続 く 






トップ アイコン目次へもどる      「エッセイ一覧」へもどる
inserted by FC2 system