句楽さんの音楽 №3                   .




お盆に替え歌を・・・



読者、メル友、越褌さんの皆様、こんにちは。

暦は立秋なのに、まだまだ暑き日々が続きます。

どうぞ、各自、ご自愛くださいね。

 

お盆を前に、盆支度もせずクーラーガンガンの部屋で一人ビールを飲んで

います。

こんな時は、知らず知らずのうちに指先が股間を・・・ははは!そんな元

気はありません。

有り余る時間を過日のエッセイで綴った替え歌が余りの評判を呼んで!

いい加減に見栄を張るのはよしなさい!

ははは!でも、第3弾をと希望するメル友がおられましたので、期待に応え

たいと思いました。

身体がビールの酔いとクーラーガンガンの冷気でダルくなるなか、褌を締

め直して綴ってみました。

 

今回は「音楽」のジャンルで投稿させて貰いました。

どうぞ、夏の暑さを替え歌カラオケで吹っ飛ばしてくださいね。

 

     *ー*ー*ー*

 

レパートリーの歌は皆様ご存じの歌とさせて頂いています。

暑さを忘れる為にも北国の歌を3曲用意しました。

 

全て歌謡界に足跡を刻む大ヒット曲です。

 

①都はるみ 「北の宿から」

②千昌夫  「北国の春」

③吉幾三  「雪國」

 

字余りもありますが、皆様適当にアレンジして歌ってくださいね。

素敵な爺ちゃんを口説くワンアイティムとして、ご利用くださいね。

皆様の成果を期待しています。

 

1曲目は「北の宿から」

 

作詞:阿久悠 作曲:小林亜星

歌唱:都はるみ

 

「来たの爺」

 

♪爺 変わりはないですか

 日ごとチンポがつのります

 来てほしいと抱き枕

 爺の積もりで抱いてます

 男ごころの愛欲でしょう

 爺が恋しい来て欲しい ♪

 

♪吐息まじりに霧笛の音

 すすり泣くよな爺の声

 写真みつめてただひとり

 チンポしごいて泣いてます

 男ごころの肉欲でしょう

 爺が大好き来て欲しい ♪

 

♪爺に逢えない寂しさに

 僕のチンチン泣いてます

 爺の忘れた越中褌を

 付けても心は晴れません

 男ごころのチン欲でしょう

 爺よ抱きに来て欲しい ♪

 

2曲目は「北国の春」

 

作詞:いではく 作曲:遠藤実

歌唱:千昌夫

 

「北国の爺」

 

♪白褌(しろふん) 青筋 亀頭

 股に散る あの汁 爺の

 ああ 爺の春

 暫く都会では逢えないだろうと

 届いた爺の染みある褌

 あの桃尻を

 食べたいな 入れたいな ♪

 

♪口づけ 触りっこ 吠えあって

 加齢臭 匂う 爺の

 ああ 爺のチンポ

 好きだと爺に言い出せないまま

 別れてもう5年あの爺はどうしてる

 あの桃尻を

 食べたいな 入れたいな ♪

 

♪山里 朝まで 水車小屋

 嗚咽がこぼれた 爺の

 ああ 爺との逢い引き

 僕も爺似で 無口な二人が

 抱き合えば雄叫びをあげていたよね

 あの桃尻を

 食べたいな 入れたいな ♪

 

3曲目は「雪國」

 

作詞・作曲・歌唱:吉幾三

 

「天國」

 

♪好きよ 爺 だから 一緒に

 チンポは もう少しで発射するからね

 抱き愛 舐め愛 哭きたくなる夜

 そばにいて 少しでも 我慢してね

 一緒に 一緒に 行こうね

 天國へ・・・ ♪

 

♪快楽に 堕ちる 爺と僕は

 爺の部屋で 愛の滴跳ばすの

 後ろから 前から 濡れる尻穴

 側に来て 少しでも チンポを硬く

 一緒に 一緒に 二人で

 天國へ・・・ ♪

 

♪好きな男が いたのね 爺は

 馬鹿ね馬鹿な僕ね 嘘をついたの爺は

 悔しくて 褌刻み 部屋の窓から

 写真と捨てれば 涙の雨

 一緒に 一緒に もう一度

 天國へ・・・ ♪

 

どうでしょうか。お楽しみ頂けましたか。

ビールも飲みきりました。これ以上飲むと明日の仕事に差し障ります。 

それでは、この辺で。

 

厳しい暑さに負けずに乗りきってくださいね。

それでは、股ね!

 

       2017810 (終わり)

 










トップ アイコン目次へもどる    「音楽一覧」へもどる
inserted by FC2 system