老いても3P




                            JMさん 作



−5−


Yさんから、お誘いのメールが届いた。

4月にプレイしてから、まだ1ヵ月も経っていない。

これほど頻繁なのは、珍しい。これも老い先が短い証なのかもしれない。


Yさんは今月(5月)の末ごろを打診してきたが、あいにく月末は定期的な仕事があって、

予定がたたない。今月もそれは変わらない。

Yさんからのお誘いはやんわりとお断りして、こちらから別の日を打診することになるが、早く

ても6月になりそうだ。


こういう遊びは、お互い無理をしないことが何より大切だ。無理をすると負担になって続かな

い。

もっとも、プレイ日程の調整が、なかなか合わずに、そのうち音信不通になってしまったことも

あった。それは仕方ない。お互い仕事をしていると、日程の調整には手間取るものだ。


そして、夫婦のお相手をする側としては、去る者は追わず、これは絶対のルールと心得てい

る。そして、来る者はできるだけ拒まず、の姿勢で臨む。



閑話休題。

Yさんから短期のお誘いがあったのには、理由がある。それは前回の別れ際に渡された鍵

が、その理由だと思う。その鍵は貞操帯の鍵とのことで、Yさんは恵美子さんに貞操帯を嵌

めて、送り出すという趣向に萌えているのだろう。

貞操帯を嵌めてきた恵美子さんを、預かった鍵で開けてプレイを開始する、という趣向に気

分が高まっているのかもしれない。


たわいもないことかもしれないが、マンネリを防ぐには、たわいもないアイデアも時として必要

なのです。


                               続 く 





トップ アイコン目次へもどる      「女も大好き」へもどる
inserted by FC2 system