良い女に出会いました


                                             山田大郎さん

其の2


上野駅近くで紹介人から女性を紹介されました。なるほど悪くはないな。

 

さほどすれてもいなさそうな、中肉中背の女性でした。

「山田さん宜しく」と言って、手を引いて

「良いでしょう。自分の彼女にしたいくらいです」と言うのです。

「お金を渡す必要は有りませんから。さあ紹介料1万円」と迫ってきまし

た。

  

腹を決めて支払って、「此処の支払い頼むよ」と、お茶代の伝票を渡すと、

彼女が可愛そうにと言ったのです。

 

自分にしたら既に15千円支払ったのだから、当然向こうの経費と考えた

のです。

 

ビールを飲みながら昼食、誘うと

今日は時間がないけど良いですかと言うので、先ずはお互いの相性をと誘

いました。

 

シャワー無しでキッスをしたら、「此処をお願い」と乳首に誘いました。

小ぶりな乳房ですが乳頭は娘みたいに小さくてピンクです。

 

口づけしてから指で揉むと、声を出して歓びました。甘噛みするともう歓

喜の極みでした。69の体形で、この女逃がさないぞと決めたのでした。

お×んこも赤ずんでいましたが綺麗でした。

此れまで付き合った女は、中の締まりはそこそこでしたが、ワギナはもう

ぱっくりと満開状態です。

 

本番になって中々入りません。「こんな太い人初めてです。済みませんが

上に」と、騎上位になって、唾を付けたので、暫くして痛がりながらも元

迄入りました。

 

次は腰に枕をあてがって、漸く成就。「こんな大きなので大勢の女性を泣

かせたのでしょう。太さ何センチ」と、嬉しいことを聞いてくれたのです。

 

パーテーなどで引けをとったことは有りませんが、男の世界の写真や動画

を知って、プロは凄いなと感心しましたが、プロでなくとも凄い方が多い

ようですね。

 

その日は一発で終わりにしました。これまで付き合った方はと聞いたら、5

年付き合いましたがと言うので、こんな良い女と別れるとは、亡くなった

のかなと
せん索しなかったのです。

 

電車代と片手を渡すと、少し驚いて受け取りました。

 

そして今日2度目の逢引で、彼女の性歴を聞いて驚きました。     



                                             続 く 





トップ アイコン目次へもどる      「エッセイ一覧」へもどる
inserted by FC2 system