面白いお方と知り合いました


                                             山田大郎さん




勝嬢と付き合いだして一年経ちました。初回は昨年一月十四日

だったそうです。女性はつまらんことを覚えているものですね。

 

七十三、これまでに付き合った相手としては最高年齢です。

年ですが良く締って,そのうちにじゅくじゅくと音が出だします。

 

自分は二人よりも三人プレイが病みつきになっていますから、勝嬢も

この世界に引き込みました。最初は「私をすいとらんと。すいとったら

他の男に抱かせんでしょうに」と食ってかかりましたが、もうすっかり

はまってきました。

 

勝嬢の紹介はこの程度にして、ご希望の方はどうぞ仲間になって下さい。

 

昨年掲示板に単独男性募集を載せましたら、二十人以上の方からメール

を貰いました。六十代、お顔写真そして継続して交際希望等で選んで、

数人の方と楽しみました。

 

その方は旅行好き、それも作家が泊まったホテルを探してとかのメール

で、高校か大学の先生かなと感じたのです。

 

裸になったら立派な持ち物でした。大の字になってフェラをさせていま

すと、淫水焼けした魔羅がいきり立ってきました。

 

すると彼は喜んで自分の魔羅に手を延ばしてきたのです。交代で挿入し

たりしながらも、彼は私の体も弄ってくれるのでした。乳首を指でなぞ

ったり、お尻を軽くさすったり。

 

その内に私の魔羅に顔を近づけて、慌てて止めたのです。これはもう同

類の人種に間違いなさそうです。

 

私が彼女と抱き合っていると、私達におおいかぶさってきました。

此れまでのプレイで一番楽しかったでしょうか。毎月一回はお会いする

約束でお別れした次第です。           終わり








トップ アイコン目次へもどる      「エッセイ一覧」へもどる
inserted by FC2 system