KE爺さんの風景写真 152                      .




幸せの白いハンカチ




4月27日、さいたま市の大宮公園に出かけました。

日本庭園内にある「ハンカチの木」を見に行ったのです。今回は2年ぶりで

す。

ところが、あの15メートルほどもあった大きな「ハンカチの木」が見当た

りません。その代わり、同じ場所に3メートルほどの小さな「ハンカチの木」

が植えられていました。

近くのベンチに座っていたおばさんに聞いたところ、大きな「ハンカチの木」

は、一昨年の夏に枯れてしまったとのことでした。家に帰ってインターネッ

トで調べたところ、害虫による食害のために枯れてしまったとのことでした。

 

 

 小さな「ハンカチの木」は、まだ植えられて1年ほどしか経っていません。

でも、その梢には、白いハンカチがいっぱいぶらさがっていました。

 

 

実は、この花のように見えるのは花ではなく「苞葉」(ほうよう:花の下部

にあって保護の役目をする特殊な葉)という葉の一部だそうです。

 

 

白いハンカチにも見えるし、ティッシュペーパーのようにも見えます。白い

鳩のようだと言う人もいるそうです。

 

 

でも、目を凝らしてよくご覧ください。

私にはこれが「白い越中褌」に見えるのです!ホラッ、真ん中にちょこんと

何かが付いているでしょう!

ちなみに「ハンカチの木」の「花言葉」をご存知でしょうか。

『愛爺に捧げる純白の褌』です!ただし、私が個人的に作った私だけの「花

言葉」です。

 

 

(おわり)











トップ アイコン目次へもどる       「風景写真」一覧へもどる
inserted by FC2 system