KE爺さんの風景写真 154                .




高尾山ハイキング −雄々しき神々−




5月9日、東京都心から西へ50kmにある、信仰の霊山として人気の高尾

山に登ってきました。標高は599mです。

当日は霧雨が降っていましたため、当初の予定を変更し、舗装された安全な

一号路の表参道コースを登りました。いつものにぎわいが消えた、静かな表

参道でした。

新緑の中をゆっくりと歩き、約1時間で高尾山の中心である薬王院に着きま

した。

 

 

その山門には、仏教の四大守護神と言われている多聞天、広目天、増長天、

持国天が鎮座していました。その一人である「持国天」は、心の悪魔を打ち

砕き、清らかな社会を守ってくれるとのことでした。

 

 

薬王院の近くに二人の天狗様の像がありました。山伏の修行の守り神です。

右側に建つ「大天狗」の迫力には、心をぐっと引き寄せられました。

 

 

薬王院の正面の右側に掛かっている大きな天狗様の顔です。高尾山には多く

の天狗の話が伝わっていて、神様として奉られています。

 

 

「御護摩受付所」にも、大きな天狗の顔が掛けられていました。

艶やかな顔色をし、立派な鼻をお持ちでした。あこがれと感動で、一瞬「う

〜んッ」とうなって見とれてしまいました。

その後、本堂にあがり、護摩祈祷を受けました。ほら貝を吹きながら現れた

14人の僧侶たちの読経に、身も心を揺さぶられてしまいました。

 

 

 

(おわり)











トップ アイコン目次へもどる       「風景写真」一覧へもどる
inserted by FC2 system