薫さんの投稿写真 2              .




海外編 Aウズベキスタン  .



ツアー日程 20101020日〜29

 

2008年に中国のシルクロード最西端の町カシュガルまで行きましたが、そ

の時、いつかこの先の国、何処か訪れてみたいと思いました。

 

 そんなことからツアーに参加したのですが、行ってみたらびっくり仰天、

かってシルクロードの要衝として栄えた国だけあって、古都サマルカンド

や城内都市ヒヴァなどに多くの美しいイスラム建築物が存在し、かつ人懐

こい国民性ですっかり気に入りました。

 

1.サマルカンド レギスタン広場

     

シルクロードの象徴の場所と言われているそうで、美しいイスラムの建造

物に目を見張りました。

 

2.サマルカンド グリ・アミール廟

     

ティムール(ティムール朝(モンゴル帝国の継承政権)の建国者)が葬ら

れた廟、廟内は金の装飾で埋め尽くされていました。

 

3.青空市場

     

 サマルカンドからブハラに行く途中で出会った、家畜が中心の市場。地

元民が人懐っこくて写真を撮ってくれと何人もの人が寄ってきました。

 

4.ヒヴァ  

     

 古代ペルシャ時代からカラクム砂漠への出入口として繁栄したそうです。

町は外敵を防ぐために城壁で守られており、美しいモスクが沢山ありまし

た。

 

5.タシケント ナヴォイ劇場

     

 第二次大戦でソ連の捕虜になった日本人500人が建築に係わったそうで

す。タシケントに地震があり他の建造物が崩壊した中で、この劇場は無傷

であったそうで、日本人は捕虜としての強制労働に係わらず手を抜かずに

仕事をすると今でも現地の人は日本人を称えているそうです。

 

1945年から1946年にかけて極東から強制移送された数百名の日本国民

が、このアリシェル・ナヴォイ―名称劇場の建設に参加し、その完成に貢

献した。」と
1966年に大統領が日本人を称える 碑文を設置させたそうで

す。










トップ アイコン目次へもどる       「風景写真」一覧へもどる
inserted by FC2 system