小柄な爺さんの投稿写真 №620                    .



イヌタデ


タデ科の一年草。

道路脇や原野などいたるところに野生しています。早いものでは

初夏のころから、晩秋まで花が見られます。

概念的には秋の草と見る方がふさわしい。

花は紅紫色の穂になって咲くが、花弁はなく、がくへんだけの花

です。細長い葉が互生しています。

 

















 











トップ アイコン目次へもどる       「風景写真」一覧へもどる
inserted by FC2 system