句楽さんの投稿写真 №17                      .



Photo 芝居(8)




春夏秋冬~めぐる時~



四月の二人

 

お握りとウィスキーの小瓶を抱え

春の河原を歩きます

桜並木と菜の花畑が目にあふれでて

ホロ酔いの肩に

さくらの花びらがフワリフワリ

 

   (桜堤と菜の花畑)

 

 

七月の二人

 

リュックにあふれる幸せを詰め

夏の山を登ります

ピンク色の高山植物は爺との秘密の愛

青空の彼方に

白い雲と煌めく汗がポタリポタリ

 

   (高山植物)

 

 

九月の二人

 

黙りこむ爺の心に捧げます

奥さまと歩き見つめた里山の

燃える彼岸花は想い出の花

風が運びます

尽きぬ想いと爺の瞳に涙がキラリキラリ

 

   (彼岸花)

 

 

一月の二人

 

冷たい風にも立ち向かう

凛として咲く花

汚れを知らぬ白き水仙の花

二人の絆

切れない糸は風に揺れリンリンと

 

   (水仙)

 

 

春夏秋冬の時は

季節の隙間を流れゆき

軒下の柔らかな陽射しがまどろみを

二匹の猫の夢はホンワカホンワカ

 

   (昼寝の猫)

 

 

時の狭間に漂いながら

季節の風に吹かれながら

爺と僕の心は結ばれ一つ

 

フワリ、ポタリ、キラリ、リンリン、ホンワカと・・・

 

幸せの時は今日も二人に流れます

 

 

※前回の「ゴールドフィンガー」さんとのコラボレーション企画のPoto

居が大好評で
(自画自賛?笑う)改めて挑戦してみました。今回の画像も全て

「ゴールドフィンガー」さんのご協力を頂きました。

ありがとうございました。

 

      2019925 (終わり)









トップ アイコン目次へもどる       「風景写真」一覧へもどる
inserted by FC2 system