杢太郎さんの風景写真 №27                  .




杢太郎の「敬老パスでGO!!



(2)敬老の日(後編)




今回はいよいよ植物園へと参ります!。

家族連れで大にぎわいの動物園から植物園へと移動するに連れ、喧騒は徐

々に遠のき…何時しか、風に揺れる木々のざわめきと木漏れ日の煌めきに

身も心も包まれてゆきます。

そして、木々の合間からは蝉の鳴く声と小鳥の囀りが聞こえ始め…。

時間さえもゆっくりと速度を落とし、何処か遠く山奥へ迷い込んだかのよ

うな錯覚に陥りました。

 

<縄文の散歩道>

 

 

息を大きく吸うと、緑の香りが肺を満たし、ゆったりとした安らかな気持

ちが沸き上って来ます。

苔むした回廊を暫く歩くも人影は薄く、其処此処に設えられたベンチや休

息場にも人は居ません。

ただ…木漏れ日だけが、ゆらゆらと非現実的な美しさで道の行方を照らし、

彷徨う私を奥へ奥へと誘うのです。

 

<苔むした回廊>

 

 

暫く歩くと、いきなり明るい場所に出ました!。

そこはお花畑、しかし、残念ながら昨日の台風で荒れており、花々は被害

を受けたようで、本来の美しさは見られませんでした。

 

<お花畑>

 

 

そして、私は又木々の生い茂る回廊へと入って行きます。

すると、見えて来たのは、蓮の葉が被う池の奥に佇む水車小屋でした。

ゆっくりと軋みながら回る水車の様子は、都会生まれの私にも、何故か遠

い昔の記憶に有るような…そんな懐かしさを感じさせる風景です。

 

<水車小屋>

 

 

その近くには合掌造りの家も有りました。

中には入りませんでしたが、どうやら本物の家屋をここに移転した物のよ

うでした。

 

<合掌造りの家>

 

 

さて、私の「敬老の日」の冒険もここまでです。

如何でしたか?、もし貴男が相方さんと訪れるのなら、明るく楽しい動物

園?、夜景とディナーのスカイタワー?、それとも緑の迷宮、植物園?。

どれを選んでも、きっと楽しいひと時を過ごせる事でしょう

 

それでは今回はこの辺で!。

(*´[.:+またね〜.: *:]



                                        続 く 








トップ アイコン目次へもどる       「風景写真」一覧へもどる
inserted by FC2 system