和装男性下着の考察




                                         北極星 さん



こんにちわ。

 

老いのときめきを毎日楽しく読んでいる長年外国に居留している昭和一

桁生れの一読者です。下着談義の作者には越中ふんどしの愛好者が多多

いらっしやいますね。作者さんの力作を読み
,大衆の和装男性下着に対す

る見方について今昔の感があるのを痛感しました。この考察は老いのと

きめき下着談義各作者さんの力作を根拠としているので
,内容の正確さは,

各作者さん作品の正確さに左右されます。

 

越中ふんどしは,一昔前の世代まで日本男性の主流下着として気兼ねな

く着用されていました。しかし今日越中褌愛用者は
,恥しがったり、祕密

にしたりして滅亡の道をたどっているようですが
,日本の優れている文化

を見直せと叫ぶ賴もしい作者さんもいます。越中ふんどしの常用者が少

なくなり
,愛好者のみが取り残され,常用者が増えることを願い,ふんどし

の復古を希望している愛好者もいます。

 

愛好者は,ふんどし使用の口実や家族の承諾を得るのに一苦労しているよ

うです。お医者さんに越中ふんどしの使用をすすめられたとか
,看護婦さ

んに丁字帶を使いなさいといわれたとか
洋装化した下着のゴ厶ひもの

アレルギ―とか・・・・・・。

 

洋装男性下着ブリ―フは生理的に欠點があると指摘した新聞記事を紹介

した作者さんもいました。ブリ―フを着用すると睪丸の温度が高くなり
,

高過ぎると精子が死滅すると言われている。

 

ブリ―フが不適当ならジョッキ―ショ―ツも不適当であり,残された男性

の洋裝下着はトランクス
(ボクサ―)である。しかし, ストレッチゴ厶に対

しアレルギ―症のある人には不適当で
, 最後に残された男性下着は和裝と

なります。越中ふんどし
,六越ふんどしともっこふんどしが選択の対象と

なりこの
3種の和裝下着は,生理的・機能的にすぐれた下着であると思い

ませんか
?

 

ブリ―フは生理的に欠點があると報ぜられ, インタ―ネットのダウンロ一

ドには夫婦越中ふんどしのべットインをすすめている記事が見当りまし

た。和裝下着に軍配が上る与論をかもし出したのは
,越中ふんどしの愛好

者に
, 越中ふんどし,の復古を実現させる時期やって来ましたこと告げて

いるように見受けられます。それではどうすればよいのでせうか
?

 

父の日に越中にふんどしを贈るのも一っの方法ではあるが, 恥しがったり

祕密にしたりしている人々の心の底にあるわだかまり (?) をほどくには

あまりにも微力であり
,そんな生ぬる手段では復古調を巻き起こす効き目

が疑われる。病にたとえていうと点滴を必要とする。先ず女房を「性」

服し
,越中ふんどしの良さを納得させるのがてっとり早い手段である。

 

300年前の著作, 古人貝原益軒の養生訓 には「人生の楽しみ方」が書かれ

ています。「聖」に関しては
,「精をもらさず」と早漏防止を楽しむよう

名言を残しています。この哲学は「接して漏らさず」が原則であります。

或る越中ふんどしを礼賛する作者が「聖」談に関する本を書いた。その

本の一節には越中ふんどしと金冷法による睪丸温度降下の効用と貝原益

軒の養生訓を組み合わせてユ―モアに富んだ筆致で
,たくみに処「性」術

を述べている。

 

その本の処「性」術原理は,金冷法と越中ふんどしの相乘効果及び貝原益

軒「接して漏らさず」の法則により営みの時間を延長させ
,それにより女

性をクライマックスに達させ
,ダウンさせた後に、放出すると言う人生の

機微の数々を教えている。ピストン運動は禁物
,相手をダウンさせた後の

終盤戰のみに限り使用。腹の上からころがり落ちる程相手に「聖」行爲

を滿足させる。この表現はわいせつコッケイ
な感を与えるかもしれない

が性生活の知惠となり
,こんな特技もあると牾り,実戰に応用して,越中ふ

んどしの良さを立証すれば
,恥しがったり、祕密にしたり気にする必要が

なくなるであらう。家族の觀念が変わると共に
,終極大衆の觀念も変わる

と思います。先ず身近な火を消すのが大事であると言うことです。

 

越中ふんどしを愛好する皆さん,大いに頑張って越中ふんどしの普及を取

り戻して日本文化を継承し後世に残して下さい。成功を祈ります。










トップ アイコン目次へもどる     「下着談義一覧」へもどる
inserted by FC2 system