白 い 褌

                                         松風 さん 



- 7 -


私は尺八をしている吾朗の毛の生えた広い背中を見下ろしながら思うので

す。体育館で出会い、憧憬の念さえ抱き続けていたその吾朗は今、奴隷の

ように私の前にひざまつき、私のものを喰えて奉仕しているのですが、こ

の様に自分から奴隷になり、私に奉仕して喜び興奮する吾郎と今後も関係

を続けていくには、私自身も変わる必要があると思うのですが、既にこの

様な情況で私の興奮はいやがうえにも高まっていて、もっと吾郎を色んな

形で攻めてみたいという気持ちになっていました。

「よし〜ここまで来たら〜吾郎の体の何処に性感帯があるか、どこまでの

痛みに耐えるかやってみるか〜」と思い尺八を続けている、吾郎の口から

マラを外すと、足の裏を吾郎の顔に持って行き思い切り後ろに蹴飛ばすと

吾郎はそのまま仰向けになり両足を上げて赤ん坊の様な格好になったので、

私は自分が締めていた紐で吾郎の両足を重ねて縛り、その紐を頭に回して

思い切り引っ張ると吾郎の体は完全に上向きになり、尻にはえている毛の

間からピンク色をした軟体動物が息をしている様に秘孔が息づいていまし

た。

私は今まで正常な交わりでも、必ず相手の後ろを犯して満足していました

ので、最後には此の秘孔で気をやろうと思いましたが、その前に今すこし

色んな方法で虐めてみて吾郎がどんな反応を示すか確かめる事にしました。

吾郎の身体を椅子の前に横向きにずらして、私も椅子に座りますと吾郎は

私の顔を見て「顔に唾を吐きかけて思い切り踏んでください〜」とねだる

様にいうので、私は思い切り唾を吐きかけて顔を踏みつけながら今ひとつ

の足で乳首やマラを踏みつけると、吾郎は「うぅ〜ん、うぅ〜ん、苦しい

〜くるし〜」と泣くのですが、反面チンポはますます硬く立ち上がり雁口

からダラダラと汁をながしていました。

次に私は吾郎の秘孔に指を充てがい少しずつ入れようとすると、吾郎は顔

を左右に振って「そこだけは〜ゆるしてください〜ゆるしてください〜」

と嘆願するのですが、私も被虐の気持ちが上り詰めていたので止める事も

しないで秘孔を責め続けました。

吾郎も諦めたのか、秘孔が緩んで痛みがなくなり気持ちがよくなったのか、

泣き声も快楽の声に変わってきましたので、よし〜これなら後ろを犯せる

と思い尻の下に座布団をかまして足を両手で押さえながら既にギンギンに

なっていたマラを秘孔に差し込み始めると、再び痛い〜痛い〜と喚き始め

ましたが、容赦なく奥までツッコミ油送を続けると、吾郎もだんだん感じ

てきたのが、しぼんでいたチンポが再び起き上がったので、私は手に唾を

付けて吾郎のチンポをこすってやると、「いい〜いい〜いきそうです〜い

きそうです〜」と喚きだしたので「よし〜一緒に気をヤレ〜」と言うと「

解りました〜いく〜いく〜」と言い出したので、私も吾郎の穴からマラを

抜いてマラをこすって「いくぞ〜いくぞ〜」と言いながら吾郎の顔をめが

けて大量の淫水を飛ばしましたが、同時に吾郎も「いく〜行く〜」と言っ

て胸の毛の上に淫水を撒き散らしました。

全てが終わったので私は吾郎の縄をといてやると、ぐったりと床に伸びて

しまいました。

顔から胸にかけて淫水が飛び散った吾郎の毛深い体には白い模様を描いた

ようでした。

「さぁ〜身体を洗いにシャワーを浴びに行くか〜」と私が言うと吾郎は「

行きません〜このままで〜余韻を楽しみます〜あなたはシャワーを浴びて

スッキリして帰ってください〜洗うのを手伝いませんが、私はこの二人の

淫水を明日の朝まで顔と身体に残しておきたいのです〜今日は最高のセッ

クスを味あわせていただき本当にありがとうございました〜申し遅れまし

たが名刺をお渡しますので、これからも付き合ってくださいと〜」と名刺

を渡されたので、私も服を着て失礼するとき名刺を置いてかえりました。



                                                続 く 


トップ アイコン目次へもどる    「男大好き・小説」へもどる
inserted by FC2 system