赤褌爺ちゃんの体験談 15               .




久しぶりの電車の中で!



今日は久しぶりに早めに仕事が終わり、最寄り駅で飲もうと思い急行に

乗りました。最後尾のお仲間さんが良く利用する運転席壁際です。以前

は良く扱き扱かれていました。
30年位前に付き合って貰いましたお父さ

んも出会いがこの車両です。次のお父さんもです。が最近はとんとご無

沙汰でした。壁際に寄りかかって爺ちゃんが乗って来る事を期待して待

っていました。痩せた爺ちゃんが乗って来ましたが私の前にノン気さん

がいます。ドアの閉まる寸前に押されて爺ちゃんが私の前に来ました。

降ろした手に爺ちゃんの手が触れて来ました。もしかしたら仲間かな?

そうでした私が手を動かさなかったから今度は爺ちゃんの股間を押し付

けて来ました。既に硬く成っていました。凄い!
75歳位かな爺ちゃんは

自分からファスナーを下ろして直接ニギニギが出来る様にして呉れまし

た。当然私も礼儀上?ファスナーを下ろしたら爺ちゃんステテコ、赤褌

をかき分けて粗ちんを引っ張り出して扱き始めました。あぁ気持ち良い

駄目射っちゃう、明日はパパとデートだから我慢。たったの一駅約10

間の出来事でした。









トップ アイコン目次へもどる      「男大好き・体験」へもどる
inserted by FC2 system