赤褌爺ちゃんの体験談 18               .




初めての扱き合い  .



今日は老人会のカラオケ教室参加2回目の日でしたが、1回目に南部蝉

しぐれを歌ったら次元が違うと言う事でやんわりと断られました。そこ

で昨日からの雨降りでしたので1日中家で老いときの閲覧致し、ちんち

んを弄っていました。残念乍らセンズリまでは行きませんでした。お陰

で目がショボショボです。

決して愚痴ではありませんよ。

 

赤褌爺ちゃんの中学生の時の話です。学校帰りに同級生のN君と一緒に何

時も自転車で帰っていました。その日も何時ものように自転車で帰る道

すがら突然
N君がお前センズリしているか?と聞いて来ました。爺ちゃん

はうぶだったからね、もうビックリして声も出ませんでした。その日は

そのまま帰りました。帰ってから夜センズリしたのは言うまでも有りま

せんね。中学生だから何回かはやったと思いますが覚えていません。

又何日して同じように帰り道にこの前の様に質問が在り今度はやってい

るよと答えました。そしたら相互オナニーをやろうと言われて自転車を

停めて竹やぶの中に入って行きお互いにちんちんを出してセンズリを見

せ合いました。
N君のは爺ちゃんのより大きなちんちんでした。何日かや

りましたが女子学生が自転車が停まっているのを不信に思いどうしたの

と聞かれた時は驚きましたが竹やぶを出た時だったから解らなかったと

思います。それっきり止めました。

他の同級生とも有りますが、又投稿します。











トップ アイコン目次へもどる      「男大好き・体験」へもどる
inserted by FC2 system