越中狸さんの体験談 1                 .




小学生の頃



僕の小学校時代は、担任の先生が、一年生、二年生、四年生、五年生、六

年生と女の先生ばかりでした。

只唯一、小学校三年生の時だけ男の先生でした。

この男の先生はT先生といい、このT先生の口癖が、1,2,3,4,5,6,7,8,9,10(イ

チ、ニッ、サン、シ、ゴ、ロク、シチ、、、、ハチグッド)と言うのです。

最後の、
8,9,10(ハチグッド)と言うのは、包茎のチンポの皮をめくると

言う意味です。

このT先生が,1,2,3,4,5,6,7,8,9,10(イチ、ニッ、サン、シ、ゴ、ロク、シチ、

、、、ハチグッド)とやると同級生は、キャーキャー言いながら逃げ回っ

ていました。

でも僕はT先生に、チンポをはちくってほしいと思っていました。

願いは適いませんでした。

因みにこのT先生は、小太りで親父の風格十分と言う感じでした。

不思議です、まだ精通がなくセンズリ等知らなかったのです、本能と言う

のでしょうか。小学校六年生になった頃、一泊の修学旅行が有りました。

T先生は引率と言う形で同行されていました。

僕はT先生と一緒に風呂に入り、先生と一つ布団で寝て、チンポをはちく

られる事を、夢見ていましたが、実現せず夢に終って仕舞いました。

今思えば懐かしい思い出です。










トップ アイコン目次へもどる      「体験談一覧」へもどる
inserted by FC2 system