越中父さんの体験談 4                 .




越中ふんどしの思い出

そのC



 小学6年で目覚めたわしも、翌年中学生になりました。いままでの小学

校の校区には
中学校がなく、隣の海辺の小学校と一緒の中学校が2つの地

区の間にありました。

 そこまで片道4キロ毎日歩いて通学しました。おかげで少し弱かったわ

しも大変元気な

 少年になりました。海辺の小学校から来た生徒には家が漁業の子も結構

多く、純農家地区
のわしらとは少し違う雰囲気もありましたが、またそれ

はそれで独特な開放感もあり、新しい
生活にすぐに慣れました。

 

 夏休み前のことです。放課後教室の後で、男子ばかりが輪になって誰か

を囲んでいます。

 なにをしているのかと覗いたら、剣道部に入った生徒がズボンを少し下

げて、皆に越中を締めて
いることを見せていました。彼によると、剣道部

や柔道部はみな下着は越中になって練習するのだ
と言っていました。へえ、

そうなのか?と思いつつ、その体格のいい同級生が上級生のように見えて


きました。部活の部屋ではみな越中になるし、指導の先生も越中だという

ことでした。聞きながら胸が
動悸を打ってきました。中学校の中にそんな

世界があるなんて!本当に驚きでした。

 

 その後、2学期になってから、わしも時々越中を締めて登校しました。

そんな日は勃起してしかたが
ありませんでした。帰って越中を見ると精液

のシミがしっかり付いていました。もちろん体育などの
着替えのある日は

締めて行きません。剣道部の生徒も締めていませんでした。あれは武道だ

から
日本古来のふんどしを締めていたのか? あるいは今で言うサポータ

ー代わりだったのか? 今でも
判りません。その内にサポーターが田舎の

店でも売っているようになって、3年生になった頃からは
越中を締めてい

る生徒は居なくなったように思います。同じような見聞のあった人に聞い

てみたいです。

 

 次回は、夏の川での遊泳の際の越中の思い出を語りたいと思います。

 

     剣道部生徒越中誇らしげ

     越中の登校勃起しきりにす

     越中に勃起の跡のありありと










トップ アイコン目次へもどる      「体験談一覧」へもどる
inserted by FC2 system