火の宮さんの体験談 №9            .




公園の人々



(3) 飲食店の親父さん


 私が足繁く公園に通っていた頃、平行して定期的に会っていた親父さんが

居ました。

 

 昼は普通の飲食店で夜はスナックに変わるお店でした。

出会いは当時流行していた伝言ダイヤルです。

 

 私の住む街からは少し離れた場所でしたけれど、気が良くて優しい親父さ

んは店が捌けてから、僕の街へと会いに来てくれました。

 

 今考えると… 飲酒運転で来ていたんですね。

一度も事故を起こさず、捕まらず、よく無事だったと思います。

(もちろん飲酒運転は絶対にダメです!)

 

 親父さんは糖尿病持ちで、勃ちはあまり良くありませんでしたが、形のい

い男根とちょっと大きめの睾丸が素敵な方だった。

本人曰く「若い頃は竹脇無我に似てるって言われたこともあるんだぞ!」と

笑って言っていたのを覚えています。

 

 確かに整った顔立ちで、若い子が好きだった親父さんはさぞかしモテただ

ろうと思う。

実際に僕と同時期に19歳の子を食べたなんて言ってましたから()

 

 Hに関しても積極的で、僕の白い液を飲み干してくれたのは後にも先にも

親父さんだけ。

 

  僕も肉付きのいい親父さんの身体が大好きで、会うと身体の隅々を舐める

ように触り、感触を楽しんでいました。

 

少し不満だったのは乳首が全く感じないことでしたが()

 

  親父さんは公園に来ていたかどうかは分からないけれど、公園に来ていた

『穴二つ』さんとは長きに渡り愛人関係だったとかなり後に噂で聞きまし

た。

 

 親父さんの一人息子と穴二つさんの娘さんが同じ学校の同級生で、父親が

愛人関係だったらしいのです。

 

  穴二つさんの話しも親父さんに聞いたので、間違い無いと思いました。

(性器をつぶさに見るなんて濃厚な関係ですよね()

 

  父親同士が恋人なんて、子どもにはショックでしょうが、当時は『こんな

話し現実にあるんだ』と思いました。

 

  しかし、今考えると素敵な関係だよなと羨ましくも思います。

一度3Pに誘われましたが、都合がつかなくて出来なかったのが悔やまれま

す。

 

   親父さんは…  もしかしたら鬼籍に入っているかもしれませんが、もし元

気で居るならば、お会いしてお礼を言いたいなぁと思っています。

 

  こちらの世界にデビューしたくらいの頃のいい思い出は親父さんなのだか

ら。

 

  

 









トップ アイコン目次へもどる      「体験談の一覧」へもどる
inserted by FC2 system