訳あり結婚




                                         勇爺さん



勇爺が28歳の頃に、やはり自分の事よりも、

両親や兄弟の為にと、

自分で商売をしている関係で、世間体も考慮して、

客先の方や、親戚の方々がお見合い写真を持ってきました。

特に、親戚のおばさんは、大変乗り気で月に二回から三回訪ねては、写真

を持ってきます。

勇爺は、男色趣向でサウナや映画館にて遊び、

その頃は、特定の先輩とも月に一回、会っていて人生楽しかった時代です

が、

世間と親戚、両親などが独身を良しとせずに、何時までも一人では、商売

に差し支えるから早く結婚しなさいと言われ大変こまりました、

皆さん、結婚したらセックスしなくてはいけませんから、大変困りました、

だが、世間よりも両親が結婚しろと熱心ですから、

その場しのぎに30歳までに結婚すると言ってしまいました。

そこで、結婚してもセックスしなくて済む女性を探す事にしました、

そして、一年半掛けて探し出しました。

結婚相手は、同年代の方でお互いは、セックスせずに自分は従来通りに男

色趣味に遊びに行く事がでします、

そんな、女性を探して良かったです。

表面上今年で、結婚40年です。

結婚相手の女性は、真性のレズで18歳からこんにちまで10年間近くレ

ズ歴です、

そして彼女も、両親から毎日の様に、結婚しなさいと言われて参ってまし

たので、

そんな頃に、ある変態サークルにて度々お目に掛かるのでお互いの趣味は

分かっていますから、

気楽に悩み事を話したら、自分から、お互いの両親の為にと世間体の為に、

偽装では無いが結婚しないかと提案したら、彼女から二週間後に返事がメ

ールにてきました。

悩んだ末に、自分と結婚する選択をしたとメールがきました、

自分は男遊びに。彼女はレズの女性遊びにとの為に、お互いに30歳同士

で結婚する事になりました、

正式に、結納、結婚式の前日、披露宴、新婚旅行と新婚生活にと進みまし

た。

当然、結婚初夜の合体は何も無く、新婚旅行は買い物三昧と美味しい料理、

そして、沢山のツーショット写真を撮りました。

そして、新婚生活は、彼女は朝食や昼飯、夕食などの食事が美味しかった

のには、大変な収穫でした、

彼女の両親がダブルベットを購入して頂いたので、いまても、一緒に寝て

います。

二人の関係は、8年間何にも無いまま、お互いの身体は見た事がありませ

ん、

その後、彼女が家にて倒れたので即自分が心肺蘇生した時に、

初めて、彼女のオッパイを拝見しましたし、彼女の唇にキスしたかたちに

なりましたが、緊急時でしたが、結婚して初めて彼女のオッパイを拝見し

て触りました、キスも軽くは世間体でしましたが、人工呼吸とは言えあん

なにキスをしたのはビックリです、

彼女の症状は、病院に1ヶ月程入院いんしました、

また、両家の両親が子供はまだか、私達が生きてる間に早く孫の顔が見た

いとうるさいので参りました。

此ばかりは、身体の関係が無いから無理だよと両親に正直言いたいよ。

此ばかりは、自分が診察して子種が無いからごめんなさいと彼女の両親に

謝る事にし、養子を迎え入れる事を検討しましたが、

彼女が拒否して、体外受精で授かりたいと提案されました。

当然、勇爺の精液を体外受精して赤ちゃんを授かりたいと希望する事にな

りましたが、

大変なのは、自分が病院に行って調べましたが、体外受精は検査してから

お互いに通院してから実行まで受理されるまで一年近く掛かります。

絶対にバレますし、元気で勃起しますし元気な精液と、元気で異常が無い

子宮ですから

変と疑られますから、最終的には、正直に二人の関係を話すしか無いので

はと結論に決まりましたが、

彼女が難色をしめし、

暗礁に乗り上げましたが、彼女からのまた提案で、我慢するから、セック

スを一回だけするので頼むと言われても、彼女のオ〇〇コにいざ入れる時

に勃起はしないのでわと思います。

男性のアナルなら、ギンギンに勃起して尿道口から、先走りの液が垂れま

すが、彼女のアナルなら少しは勃起するけど、

いくら、両家の両親の為に子作りとは言え、大変だ〜ぁ、

世の中の、ホモ男の妻帯者の方々はどうしてるのかな。

結局、結論は女の子を授かりましたが、

正直、初めの5〜6回は半勃起でふにゃふにゃぺニスでした、

最終的に、亀頭部だけ入れて精液を出したのが命中して女の子を授かりま

した、また、それ以降は肉体関係は現在70歳を迎えた同士ですがありま

せん。

肉体関係はありませんが、現在は彼女が、身体を壊して入浴時は、当たり

前ですが、二人で全裸になり彼女の背中を洗う為に入ります。現在も自分

は男性との関係を続行中ですが、

彼女は、レズの相方が昨年亡くなり夫婦で葬儀に参列しましたが、それ以

来元気が無くなりましたので、

今では、毎月、癒す為に箱根や指宿、など日本中の温泉地に行く予定です。

そして、来年は海外旅行にも行く予定です。

こんな夫婦も皆さまあるのです。

自分は、いまでも週に三回位精液を出します。

相手がいない時は、ホモDVDを見てマスターベションしています。

いま、考えると結婚する為にレズの彼女を探したが、今思えば人間的に素

敵な彼女を巡り合って幸せでしたよ、

今は、彼女は体調も良くなり朝は早朝からラジオ体操に行ってますよ。

男女の話でごめんなさいお許し下さい。

そして、また長文で悪しからずお許し下さい。









トップ アイコン目次へもどる      「男大好き・体験」へもどる
inserted by FC2 system