Kさんの体験談 5                .




さんのこと (5)



今回の一泊旅行は、思いがけずYさんとばったり会ったことで、今までで

最高の旅行になりました。帰りのドライブ中、
Sさんは、昨夜の疲れが残

っているのか、助手席で眠りこけています。
Sさんにとっても、忘れられ

ない旅行になったはずです。

それから2週間後、私とSさんはスナック(R)を訪れました。カウンター

の奥の席に
Uさんがいますが、Yさんの姿がみえません。隣に座って「今

日は
Yさんは来ていないの?」と聞くと、「孫が東京から来るとかで、空

港まで迎えに行ってるよ。」そして、顔を近づけて小声で「こないだのこ

と、
Yから聞いたよ。Yのやつ、すごく喜んでた。私からも礼を言うよ。あ

りがとう。次は私も一緒だよ。」と
Uさん。私は、あの夜のことをUさん

が知ったら、きっと怒るだろうなと、気になっていただけに、いっぺんに

気が楽になり、
Uさんとデュエットしたり、チークダンスをして、楽しい

ひと時を過ごしました。

それから1か月後、スナック(R)を訪れたときのことです。客はまだ誰も

来ておらず、店内はマスターと私と
Sさんの3人だけでした。マスターか

ら「
Yさんが亡くなったよ。」と告げられました。心臓発作だったそうで

す。旅行先で偶然会って、あんなに素晴らしい時間を過ごしたのに、それ

から
1度も会うことなく逝ってしまうなど、その時は、とても信じられま

せんでした。

その後も、時々スナック(R)に行きますが、Yさんの相方だったUさんの

姿も見かけません。
Yさんが亡くなった後、Uさんも来なくなったという

ことです。

あれから10年、私は75歳、Sさんは80歳になりましたが、相変わらず我々

2
人の交情は続いています。Yさんを交えたあの夜の光景は、10年経った今

も度々話題にし、
Sさんと二人で懐かしんでいます。

      おわり










トップ アイコン目次へもどる      「体験談一覧」へもどる
inserted by FC2 system