思い出の露天風呂


                                         くろねこさん 



私は二十歳ごろから35歳ごろまで登山が好きで、日本全国の名だたる山を登ってき

ました。もう40数年前の懐かしい思い出を書いてみます。


立山に登りケーブルカーが出来る前でその足で黒四ダムまで降りて,下の廊下と呼ば

れる渓谷を一日がかりで歩き,野えい、翌日欅平まで歩きました、山小屋風の旅舘

に部屋をとり。川原に湧き出る温泉に入りに行きました、渓谷の流れの脇の岩から温

泉が噴出しています、川の水を引き込み丁度良い温度になってきたら入ります、真昼

間川原でスッポンポンになって入る開放感がたまりません、一人でいると中学生と思わ

れる少年が入ってきました、前を隠すことも無く、ちょぼちょぼと陰毛も生えかかり、かわ

いい少年でした。ああ私にも、ああいう時があったな、毛の生えるが遅かったので嬉し

かったことを思い出しました、そのけはあることは感じていましたが、男色の世界など全

然知らず、これだけのことでしたが黒部の良い思い出だった。


屋久島空港から、タクシーに乗り宮之浦郵便局まで行き、そこから登り始め、 大王

杉、大岩杉、ウイルソン株を見学、山小屋一泊して宮之浦岳に登りました。反対方

向の花の江河に下山しました、バスに乗り平内温泉に行きました。ここは海岸の岩場

に湧き出る温泉です、塩が引いている時だけ入れます、丁度引き潮で運よく入れまし

た、ここももちろん裸です5月でしたが寒くはなく、温まった身体を海水浴で冷やし大海

原を眺めながらの入浴は格別でした。近くのおばあちゃんも入っていて、これまた大好

きな雰囲気、見せるのが好きな僕は隠さず,薄めの陰毛と、かわいいちんぽもみせまし

た。僕もおばあちゃんのをちらちらと見てしまいました、半立ちになってきたので湯につか

り隠しました。雨が多いといわれ急に雨にあいました、パンツだけはいておばあちゃんの

家に雨宿りさせてもらいました。お茶をご馳走ななり色々お話を聞いてお暇しました。


日本で富士山につぐ第二の高さ,北岳、3000M級のいくつかの稜線を歩き、西山温

泉に下山しました、湯治場的な温泉宿が数軒あり、安そうな旅館に泊まりました。ここ

にも野趣豊かな温泉がありました、旅館から少し山道を登ると道幅1メートルほどの横

に岩をくりぬいたl露天風呂が現れました、あいにくおじいさん、おばあさんが6,7人でい

っぱいでした、あきらめて眺めていると、おじいちゃんが、ばあちゃんをだっこすれば入れ

るよ、と言ってくれました、今度いつ来れるか判りません、 思い切って入ることにしまし

た、洋服をそばの岩場に置き入りました、冗談でだっこしないで詰めてもらい、ばあちゃ

んとぴったりくっついて入っていました。入っているうちにふしだらなことを考えていたもので

勃起してしまいました。今と違い若い時で収めるのに苦労しました。ここの風呂は落石

の危険があるとかで、数年で入浴禁止になりました。


ここに書いたものもそうですが他にも沢山の自然で無料の露天風呂に入ってきました、

特に山登りのあとの疲れた体には格別な喜びでした、素っ裸で大自然の中にいられる

のは露天風呂があるからです。これが無いと変態にみられます。 これは40数年前で

す、今では有料になったり、よしずの更衣室を作ったりで自然さが薄れてしまいました

ね。
                                          おわり




トップ アイコン目次へもどる      「男大好き・体験」へもどる
inserted by FC2 system