ふるさと


                                         くろねこさん 



今は遠く離れていますが、私のふるさとは信州です、春になる色々な山菜が沢山取れ

ます。今年は雪が多かったせいで、芽の出るのが遅れているとか、少年のころから親に

連れられ、野山を駆け巡り、山ウド、コゴミ、ワラビ、ぜんまい、など取り、雪どけの水

場ではわさびも取れました。カモシカの姿はよく見たものです、熊も出るので気をつけて

入山しました。ぜんまいは天日干しにしてカラカラにして、キロ1万円になるとか聞いた

ことがありました。五月の連休には、毎年出かけあのころの思いを味わいます、山騒ぎ

で泥まみれ、帰りは露天温泉に入りリラックス。夏には薬草になるモグサ(よもぎ、もちぐ

さ)どくだみを取りに行きます、背丈ほどのもぐさを鎌で刈り取ります,軽トラに山積みに

してきます。それを庭に広げ天日干しにします、カラカラになると、年老いた父母が「し

ごく」といって,茎から枯れた葉っぱを取りのぞきます、どくだみは天日干しだけで済みま

す。それらを大きなナンキン袋に詰めて終りです。それを近くの業者が買い取りにきてく

れます。年老いた父母のお小ずかいになったようです。真っ黒に日焼けした父,腰の曲

がった母も亡くなり、とうの昔の思い出になってしまいました。五月を過ぎて今頃になる

と栗の花の匂いが漂ってきます、栗とかくすのき系の花の匂い、男なら誰でも経験した

匂いだと思います、身体の一部から勢い良く跳び出る、液体の匂いに似ていると思う

のは私だけではないと思いますが、いかがですか。私はあの青臭い匂いが好きになれ

ず、後始末する時になるべく匂いをかかないようにしていました、でも今では、濃度も薄

く、量も少なく、無臭になりました。おはずかしいお話で恐縮です。    おわり


  お願い, 教えて下さい

今年から菊を育てています10円玉ほどの花が咲いていました、それを挿し木にしてい

ますが、背丈を伸ばさず花を沢山咲かせるにはいつごろ芽をどのくらいつめれば良いの

ですか。 みかん、りんご、を30年らい育ててきましたが、かみきり虫に根元に穴をあけ

られ、殺虫剤で対処しましたが枯れてしまいました。植木屋で聞きましたが、こまめに

消毒するしかないとのことでした、地面10センチ程の所です、なにか虫避け塗料みた

いなものを塗るとか残った樹を守りたいのです、よろしくお願いいたします。

越褌さんのところまでお便りを




トップ アイコン目次へもどる      「男大好き・体験」へもどる
inserted by FC2 system